大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2018年6月20日
休診のお知らせ
2018年4月18日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 





気・血・津液とは

東洋医学では、人間の体は「気」と「血」と「津液」で構成されていると考えます。これらは、飲食物の栄養分である「水穀の精微」と、空気中の「精気」から生成されます。
※漢方では「津液」を「水」とよびます。


気・血・津液は、互いに影響し合いながら存在しています。例えば、気は血や津液が生成される源であり、気が無ければ血は作られないし、血や津液はからだを巡ることができません。一方で、血の栄養分は気の原料ともなります。また、津液は気と血の機能を支える働きを持っています。このように気・血・津液は互いに持ちつ持たれつの関係であり、健康であればこれらがよいバランスを保って存在しているといえます。しかしどこかに不調が生じると、連鎖反応的に他にも不調が及ぶようになるので、早めの手当が大切なのです。


【中医学】のページに戻る