大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2019年7月17日
夏休みのお知らせ
2019年2月28日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


足底腱膜炎のように固定と安静が出来ないと治らない疾患がある

2019年4月10日


ある古い友人から足底腱膜炎なんだけど

神の手で治らないか?と問い合わせがあった


足底腱膜炎のような炎症性疾患は

マッサージやストレッチは禁物

固定と安静が大事だよ!と言うと


「固定も安静も無理」という返事だったので


例えば君の愛犬が足を怪我をして

獣医さんに手当をしてもらって

やれやれと思って連れて帰ってきても


犬が処置してもらった固定具を咬みちぎり

足を引きずって走り回ったら治ると思うかい?


それなら俺を柱にでも縛ってもらう(笑)

という返事だった


事あるごとに例に出して申し訳ないが

伊勢の里が一番分かりやすい例だ


上腕の筋肉が断裂して

その筋肉の修復が済んでいないのに

横綱にプライドか何か知らないが

相撲を取って上腕の断裂がひどくなって

毎場所途中休場したあげくに

1年近く休場したが上腕は治る事なく

涙の引退に追い込まれた


これこそ治るということがどういう事か

分かっていないからこその悲劇である


ケガの優勝場所は感動したが

その後速やかに手術して

1年ほど休場して完璧に治癒していれば

今でも横綱でいられただろうと思われるのだ


断裂したり炎症が起こったりしているものを

治すためには

固定と安静が絶対必要であり


「固定と安静が無理」と即答する人は

治るチャンスを自ら放棄しているばかりか

自分の身体が一生懸命不具合のある個所を

修復しようと頑張っているのに


先程の犬や稀勢の里のように

修復作業の邪魔ばかりして症状を悪化させているのである


この事を理解してもう一度

連絡をして来てもらいたものである


★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯稀勢の里
♯足底腱膜炎
♯愛犬