大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2018年12月7日
年末年始のお知らせ
2018年10月22日
御心配いただきました
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


高所得層の児童手当継続へ?当然でしょ!

2018年11月22日


政府は21日、子育て世帯が受け取る児童手当のうち

高所得層に支給される月5千円の「特例給付」を

2019年度も継続する方針を固めた。

財務省は収入の多い家庭への支援は

優先度が低いと廃止を求めてきたが

来年10月には消費税増税を予定しているため

給付の削減によるさらなる負担は難しいと判断した。

ただ、財務省の審議会が20日に公表した意見書でも

「特例給付は必ずしも子育て費用に充てられていない」と

厳しく指摘されており、将来的な廃止に向けた検討は続ける。

児童手当は中学生までの子どもがいる世帯が対象。

(共同通信)


このようなニュースを見ると

日本は低所得者の方が生活しやすい国なんだと思う


たくさん税金を払っている人が

全くサービスを受けられないで

ぜんぜん税金を払っていない人が

とても優遇されて豊かな暮らしができる国

それが日本なのである


例えばホテルに滞在する時に

たくさん料金を払っている人が

一円も料金を払っていない人の分まで支払って

しかも全くサービスを受けられないようなシステムなのだ


保育所の保育料でも

健康保険の高額医療でも

なんでもかんでも所得が多ければ

たくさん払わなければならない


これではカルロスゴーンさんも

税金を払うのが嫌になると思う


頑張って高収入になった人にも

この国に住んでいて良かったと

喜んでみんなが税金を払うような

サービスを考えなければならない


私はどちらかというと低所得なので

自分のためには今の状態が望ましいのですが


高収入の人達が喜んで暮らせる国にしなければ

誰も頑張って稼ごうと思わないではないだろうか?


頑張って高収入になっても

社会負担は多くなり

逆に行政サービスは全く受けられないのでは

高所得は損をすると考える人が増える


みんなが頑張らなくなると国力が落ち

国際競争力が低下してしまい

日本そのものが貧乏になるのではないだろうか?


頑張って稼いでくれる人がいなければ

一円も稼いでいない人達は生活できないのである


われわれ低所得者の生活のためにも

高所得者の人数が増えて税収が増えることが望ましい


だから児童手当などは

所得に関係なく支給するのが当然だと思うのです



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯児童手当