大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2020年4月3日
往診いたします
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


コロナ時代をどう生きる?

2020年5月12日


新型コロナウイルス感染もピークアウトし

昨日5月11日の大阪の感染者は1人となり

自粛解除となる日も近いように思える


自粛解除になっても新型コロナウイルスが

撲滅されたわけではないので


これからはコロナの恐怖と

戦いながら日常を過ごす日々がやって来る

いわゆるコロナ時代である


コロナ時代には今までと違った習慣と

エチケットが必要だと思う


マスクや手洗い、消毒、ソーシャルディスタンスなど

この3ヶ月で身につけた習慣を

せっかく身につけたのだから油断しないで

これからも実行していかなければならない


飲食店やカラオケ店などでも

「あそこは頑張ってコロナ対策をやっている」と

思われるような思いきった改装が必要だと思う


椅子を減らして隣の席の人との距離を確保し

透明のビニールやアクリル板などを利用して

仕切りを作って飛沫予防をし


予約制にして混雑を緩和する


客の立場で考えれば予約制にすれば電話番号を

お店に教えなければならないので

責任感のないいい加減な人はやって来ないだろう

という安心感がある


当院では待合室で手指の消毒と検温を行っているが

できれば全ての業種で徹底していただけたら

クラスターを起こすリスクが低くなり

感染経路の分からない感染が減るのではないでしょうか?


百貨店やパチンコ屋さんなどで検温をしているのを

テレビで見たことがありますが

スーパーやホームセンターでは検温をしていないようです


もしもどこへ行っても検温される世の中だったら

自分の体調に自信のない人は外出を控えるだろう


吉村知事が大阪コロナ追跡システムを導入するそうだ

内容はよく分からないが

感染者の行動を追跡する社会になったら

絶対に自分はコロナにかかりたくないと誰もが思うだろう


これからは社会全体でコロナを封じ込め

たとえクラスターが起こっても感染拡大しない

システムを構築しなければならない


そして何よりも私たち一人一人が

うつらない、うつさないという自覚と

「コロナ時代が早く終息するように」という

共通の目的意識を持って生活することが

コロナ時代を生きて行く上で重要なのだと思います。



★ 毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯コロナ時代
♯新型コロナウイルス
♯吉村知事