大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2020年4月3日
往診いたします
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


感染列島になっても慌てない準備が必要だ

2020年1月27日


中国武漢発の新型ウイルスによる肺炎が

世界中に広がりはじめ


毎日のように感染者数と死者数が倍増し

未知の新型ウイルスに対する恐怖が広がっている


息子の中学受験の時に

息子の試験が終わるのを待つ間に

学校の近くの映画館で「感染列島」という

映画を見たのを思いだした


新種のウイルスの感染によって目や鼻から血を流して

死んでいく病気が爆発的に流行し

駅や空港が封鎖されてパニックになり

極限状態での人間の思考や感情をえぐるように描いた

ヒューマンパニック映画だった事を覚えている


これは私の勝手な解釈だが

人類と病原菌との戦いは必然ではないだろうか?


人類と疫病との歴史は古く文字文明が起こる前からあり

19世紀になって顕微鏡で見て「マラリヤ」「コレラ」「チフス」など

名前や原因が分るようになり

人類はそれらの病原菌に対抗する薬を開発してきたが



人類が地球上の食物連鎖の頂点に君臨し

地下資源を湯水のように使い

森林の大規模火災に対して無策でさらに伐採を続け

ゴミはプラスチックでも放射能でも垂れ流しにし

CO2を排出しまくって世界人口はどんどん増え続け

節度のない水産資源の奪い合いをし

戦争の爆弾やミサイルで地球をボコボコにしている


地球にとって人類は癌のような存在であり

野放しにしていては地球が死んでしまう


中医学には整体観念という概念があり

宇宙は1つの整体であり自然には浄化作用があるので

自然の摂理を乱す存在には浄化作用が働くのである


その一つが疫病なのだと思っている


疫病で人類が減り自然破壊が止まれば

地球の寿命は延びるということになる

人体の細胞に例えると病原菌は地球の

リンパ球やキラーT細胞のような存在であり


人類が地球にとって害があると見なすと攻撃してくる


だから次から次に新しいタイプの病原菌が生まれて

人類に襲いかかってくるのである


中医学的に解釈するとそうなる


本当に自分勝手な解釈であるが

人類が地球に対して害がなければ

大規模な疫病はなくなるのではないだろうか?


だとすれば


目先の経済成長最優先で地球環境のことを顧みない

世界のリーダーという人達が

環境活動家のグレタさんのような若い人達の

純粋な言葉に耳を傾けてくれたら


人類と病原菌の戦いも自然に収束するのではないだろうか?


今回の新型コロナウイルスが今後どうなるのか?

いつ強力な疫病に変異するか分からないので

特効薬の開発が急がれるが


私個人としては病原菌に感染するのは

正気(病原菌と闘うエネルギ)が邪気(病原菌)に

負けたということなので

体調管理不足であり自己責任だと思っている


だからマスクと手洗いうがいと

手指のアルコール消毒を忘れないようにして

体調管理をしっかりして

どんなにパニック的流行になっても

慌てないようにしたいと思うのです




★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩