大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2019年2月28日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


慢性痛に困った時は温めましょう

2019年3月29日


「なんでいつもここが痛くなるのでしょうか?」


高齢者の慢性的な痛みのある時に

このような質問をされるが


おそらくみなさん原因は

嫌と言うほど分かっているのだ


軟骨がすり減っていたり変形していたり

神経や血管の通り道が狭くなっていたり

年を重ねるといろいろ悪いところがあり

冷えたり使いすぎたりすると痛くなる


みなさん十分に分かっているのだが


ストレスが増したり

体調不良で体力や気力が低下して

活動力が低下すると


何で?何で?


考えても解決がつかない事を

考え続けてしまう


その事がストレスで

さらに体調が悪化する人も少なくない


活動力が低下すると筋肉に血液が行き届かない

筋肉や関節の動きが悪いと

内臓や脳の血行が滞るので

体の不調から心の不調も引き起こす


そんな時は温めましょう


年を重ねると腎精といって

生まれもった生命エネルギーが少なくなり

腎精は体を温める働きをしているので

高齢者は温みが少なく冷えやすくなり

足腰の不調につながる


だから体を温める事で腎精を補い

気血の巡りを順調にする事で

筋肉や関節の血行が回復し

内臓や脳の健康も保たれて

精神的にも安定する


最近同じ事を何度も何度も考えてしまう

考えてもどうにもならないのに

何で?何で?と考えてしまう時は


お風呂にゆっくり浸かったり

カイロで身体を温めたり

足腰にお灸をすえるのもお勧めです

体のエネルギーが満たされると

心のエネルギーも同時にチャージされるので

とても効果的ですのでやってみてください。




毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯温泉
♯慢性痛