大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2019年2月28日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


本当に働き手不足なのだろうか?

2019年3月25日


世間では働き手不足で

自動運転自動車の開発、無人コンビニ

AI技術開発など

様々な試みで人手不足を解消しようと試みているようだ


その流れで外国人労働者受け入れ緩和が行われるが


本当にそんなに人手不足なのだろうか?


私の感覚では労働条件が合わないので

日本人が働く職場が少ないだけで

労働条件が向上すれば人手不足は解消する


介護職、保育士、農業など

労働がきついにもかかわらず

給料があまりにも安い印象が強い


大変な仕事にみあう給料が支給されれば

外国人の手を借りなくても

喜んで日本人が働くようになるだろう


治療も同じだが

ナゼそこに痛みがあるのか?

その原因を考えずに頓服ばかり飲んでいても

その場しのぎであり症状が改善することはない


目先だけの対応を繰り返していると

そのうち薬の副作用でもっと大変な病気になる


人手不足も原因を考えずに

外国人労働者に頼っていると

日本人の働く場所が無くなってしまい

人種差別や偏見に満ちた社会になってしまうのではないだろうか?



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩