大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2018年10月22日
御心配いただきました
2018年10月2日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


腰が痛い時でもできるだけ自力でベッドから起きよう!

2018年11月6日


高齢者の腰痛患者さんで

家族と同居している場合


家族の者が親切でベッドから起こしてあげようと

手をもって起こすのは非常に危険です


腰が痛くても自分で起きる事ができるのに

人の手を借りて起きるようになると

しだいに自分で起きる事が出来なくなってくる


高齢者にとって今まで自分で出来たことが

出来なくなることは非常に大きなリスクである


だから家族の者はできるだけ

自分で出来る事は自分でやってもらうように

見守ってください


実は腰痛の高齢者をベッドから起こすのは

非常に高度な技術がいるのです


よく見受けられるのは

お互いに手をもって

「いっせいのーでー、よいしょ!」

「痛たたたたー」と言いながら起こしている


この場合

仰向けの状態で手をもって起きるので

手この原理で腰に体重が押しつけられて

起きる度に「痛たたたたー」と捻挫をしてしまっている


この様な習慣がついてしまうと

腰痛はどんどん悪化してしまうのです


高齢者の治らない腰痛の原因は

意外なところにあるものです


正しい起き方は下の写真のように

横を向いて自分で起き上がるのが理想です


自分で起きるので腰を傷めることも無く

安全に起きる事ができますし

自分に自信がついていつまでも元気でいてもらえます


心当たりのある方は改善してください!




★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯介護
♯高齢者