大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2018年10月2日
臨時休診のお知らせ
2018年8月30日
9月は敬老月間
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




鎮痛薬は常習するものではない

2018年10月10日

祭でたくさんの人と話をする機会があったが

思ったよりも鎮痛剤を多用している人が多い


もともと腰痛などの持病があり

整形外科などで日常的に鎮痛薬をもらっていて


仕事やレジャーの時には

あらかじめ鎮痛薬を飲んで行くそうである


そんな人があちらにもこちらにも


ほんとうにビックリしてしまったが

あまりにも安易に薬を服用している


もはや鎮痛薬の乱用状態である


歯を抜いたり、我慢できない痛みの時には

鎮痛薬はとても助かるので

鎮痛薬は無くてはならないアイテムであるが


薬には副作用があることを忘れてはならない

胃腸や肝臓にとても悪い


そして、それ以前に


痛みを鎮痛薬で止めて動くと

負傷部位の傷口が広がったり

炎症部位の炎症が激しくなったりして

治らなくなり慢性化してしまう


最後には普通の鎮痛薬では効かなくなり

どんどん強い薬になりブロック注射も効かなくなると

手術という悲しい結果になってしまうのです


血圧の薬や糖尿病の薬のように

毎日服用しなければならない薬と

痛み止めを同じように考えていては

とても危険ですので本当に止めてもらいたいと思います。



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯ロキソニン
♯鎮痛薬
♯副作用