大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2019年10月2日
10月料金改定のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


弁証論治しない鍼灸師が多すぎる

2014年4月28日

弁証論治とは患者さんを診察して
患者さんの現在の身体の状態を表す
「証」を導き出す作業である

ドクターが診察して必要な検査をして
病名を診断するのと同じ作業である

日本には医療系の資格は薬剤師や看護師など
ほかにも沢山あるが
診察から診断、治療まですべて一人で行うことが
認められているのは医師と鍼灸師だけである

ところが弁証論治を出来ない鍼灸師が多すぎる

患者さんが痛いと指さすところに
針を刺せば良いと思っている者がほとんどである

だから「針は痛い」「恐い」「体質に合わない」
などと言う人が多くなってしまのだ

学校では3年間で資格試験に合格する勉強だけ
で精いっぱいなので資格を取ってから
自分から求めて中医学を学ばなければ
弁証論治が出来るようにはならない

弁証論治を資格試験に加えてもらってはどうだろうか?

今のままでは鍼灸治療の評判が悪くなる一方である。