大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2018年10月22日
御心配いただきました
2018年10月2日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


労宮と湧泉というツボの話

2018年11月7日

労宮と湧泉というツボがある


労宮は手のひらに


湧泉は足の裏にあるツボである


良く見ると手のひらと足の裏は

同じような皮膚をしている


手のひらと足の裏はどちらも

四本足歩行では大地に接する場所だ


大地からの気を吸収して
五臓六腑の循環し、全身に行き渡らせる

ドラゴンボールのカメハメ波のように
手のひらの労宮で気を練って放出する


この様に気の循環を考えると
手のひらや足の裏は非常に大事なところである

冷え症で夜眠る時にも靴下を履く人がいるが
夜は足の裏で体温調節をするので
足の裏まで覆うと睡眠障害を起こす危険性がありますので
心当たりがある方はレッグウォーマーに変えてください

労宮は手の厥陰心包経のツボで
手のひらは「たなごころ」と呼ばれ
心の状態が現れるところと言われ
神仏に労宮を合わせて合掌すると精神が落ち着くのです


湧泉は足の少陰腎経のツボで
腎は蔵精の臓なので精力を高めてくれ
足の裏から勇気が泉のごとく湧きだして
五臓六腑を元気にしてくれる

だから大地に足の裏をしっかりつけ
大地の気を吸収して
手のひらでその気を温めると
五臓六腑の循環が良くなり
心が落ち着き元気になるのです




★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩