大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、堺、河内長野、大阪市から来院し、頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、慢性痛難病中医学と漢方で治す鍼灸院


ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


院長ごあいさつ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

こんにちは、当院のホームページを見て下さいましてありがとうございます。近鉄南大阪線の藤井寺に平成2年開業以来、地域のみなさまの健康を守るべく頑張ってまいりましたが、気が付けば当院も29歳 になり、藤井寺、羽曳野、富田林、松原、八尾、堺、大阪狭山、大阪市などの近隣地域以外の近畿一円から難病の患者さんが中医鍼灸治療をうけに来院されるようになりました。
おかげ様で豊富な治療実績といっぱいの笑顔に出会える治療所に成長させていただきました。
国際中医師として、極細鍼による痛くない中医鍼灸治療の普及活動を行っています。どんな難病でも諦めずにたくさんの笑顔のために一生懸命治療をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

院長:梶村 英男


当院の施術方針                    藤井寺梶村鍼灸整骨院

当院の院長は国際中医師であり鍼灸師として29年の臨床実績をもち、中医鍼灸治療家として広く知られ、中医学に基づいた鍼灸治療を実践しています。

1.
問診や理学的徒手検査によって、西洋医学的病名を
できるだけ正確に把握します。
2.
四診という中医学的診察法で「証」を把握します。
3.
治療方針を決定します。
4.
治療方針を説明して、納得して通院していただきます。

当院では病の根っこから根本的に治療する「本治法」と、局所を直接治療する「標治法」を同時に施すことによって、根本的で即効性のある鍼灸治療を可能にしています。

中医学には「整体観念」という考え方があり、世の中の物すべてが関わり合い影響しあって、つながっていて、大自然に浄化作用が有るように人体にも自然に治す自然治癒力が宿っている。経絡には生命エネルギーである気・血・水が円滑に流れて生命活動を維持しているが、何らかの原因で気・血・水の流れが悪くなり疾患を患う。



中医学では四診という特別な診察法で診察し、病名ではなく「証」という中医学独特の病気の捉え方をし、証にしたがって治療を行います。
どこの経絡の流れが悪いのかを的確に知ることが出来るのが「証」であり、証に随って鍼灸治療を施すことによって、疾患の原因となる経絡の滞りを解消して気・血・水が円滑に流れ、元来持っていた自然治癒力を最大限に引き出し、疾患の根本的な治療を施すことを「本治法」と呼びます。
当院ではこの「本治法」と、局所を直接治療する「標治法」を同時に施すことによって、根本的で即効性のある鍼灸治療を可能にしています。

その即効性には「信じられない!」「何かの手品?」「奇跡!!」などの驚きの声が毎日のように聞かれています。


(当院の最大の特徴)
院長は手をかざすだけで患部の最も悪い部分が判る手を持っています。
この手で「不問診」という本人に痛いところを訊かない診察をして、最も効果が期待できる穴である阿是穴を探し出して「阿是穴治療」を施します。中医学には按診という診察法があり、極めると触るだけで悪いところが判るのです。


当院ではこの根本的に病の根っこから治す「本治法」と按診を極めた者しか出来ない匠の技である、「不問診」による阿是穴治療を施す「標治法」を同時に行うことによって、根本的で即効性のある治療を可能にしています。
だから何年も悩んでいた五十肩や、膝や腰の痛みがその場で治ることも当院では珍しいことではなく、大病院を何軒も渡り歩いても改善しない難病も施術可能なのです。


(国際中医師による本場の中医学に基づいた本物の鍼灸治療)
当院の鍼灸治療は西洋医学を否定するものではなく、西洋医学の優れたところと東洋医学の優れたところを、どちらも最大限に引き出して施術します。
西洋医学も東洋医学もどちらも「医学」であり、どちらも完璧なものではなく、日進月歩の進化の途上にあります。100%確実に効果が見込むことができる治療法は世界中探してもどこにもありません。
では、どうしたら確実に効果を発揮できて、悪化していく勢いを止めることができるのでしょうか?
当院ではその答えを中医学に求め、本場の上海中医薬大学日本校に学び、国際中医師の資格を得、長い臨床経験により実績を積んでまいりました。
ですから、東洋医学が得意な分野の治療は絶対の自信がありますが、西洋医学が得意な分野はやはりその分野のスペシャリストの先生方と連携して治療を進めることが最も患者さんの利益になると考えております。

近隣の医療機関はもとより、森ノ宮医療大学や上海中医薬大学日本校と緊密に連携し、藤井寺、羽曳野、松原、柏原、富田林などや大阪全域から癌、脳卒中後遺症、パーキンソン病、バセドウ病、顔面神経麻痺、うつ病、認知症などの患者さんが通院され、どんな難病でもあきらめることなく立ち向かっているのです。

また、当院の治療が合わない患者様には症状に適した医療機関を速やかにご紹介いたしますので、どうぞご安心ください。

(日本製の極細鍼を使用します)

「中国鍼ですか?」と聞かれて説明に困る事がありますが、国際中医師が本場の中医鍼灸治療をするので、まさしく「中国鍼」なのですが、治療に使用するのは日本製の使い捨て極細鍼です。鍼の性能、鍼を製作する技術は日本が最高であり、使用感もメイドインジャパンが世界一だと感じています。長年の臨床経験で日本人を治療するのには、日本製の極細鍼が最も適していると確信しています。

本当に痛くありません!
鍼治療には興味があるのだけれど、「鍼を刺すのは痛そうで何だか恐い」と
鍼治療をした事が無い人が多いのですが、当院で使用する鍼は0.14mmと0.12mmという極細の鍼を使用しております。この太さは髪の毛や蚊が刺す針とほぼ同じ太さですので、本当に痛くありません。
当院では小学生でも鍼を刺すことがありますが「刺してないよ」と言うと誰も恐がりませんし痛がりません。だから本当に痛くないのです。

鍼灸治療が体質に合わない人はいません!
鍼灸治療を受けたら「逆に悪化した」「フラフラして吐いた」「痛すぎて無理」
などの理由で「自分には鍼灸治療は体質的に合わない」などと思っている人が多いようですが、鍼灸治療が体質に合わないなどということはありえません。
もしもそのような事があるとしたら、金属アレルギーのなどのアレルギー体質で皮膚がただれたり痒くなるぐらいのことです。

では何故、鍼灸治療が体質に合わないなどと考える人が多いのでしょうか?
それは単純に治療を失敗されて逆効果になってしまった人が多いだけなのです。
そもそも鍼灸治療は鍼を刺すことで病気を治療するので、薬のような副作用はありませんしマッサージや整体のように体を強く押さえたり揉んだりもしません。
だから鍼灸治療は副作用や事故の無い最も安全な治療法と言えるのです。

ハリと灸は道具であり

料理家の包丁とまな板のようなもの
ハリと灸は治療家にとって治療の道具にすぎませんので、ハリと灸を使ってどんな治療をするのかは、治療家の腕しだいなのです。それは料理家が包丁とまな板でどんな料理を作りだすのかと同じ事で、同じ包丁とまな板でも三ツ星レストランのシェフの料理とファミレスの料理が違うのと同じなのです。
鍼灸治療をうけて悪化したり気分が悪くなったりしたことがあるとすれば、治療家が失敗したから悪くなったのであり、けして鍼灸治療が体質に合わないからではないのです。
料理家は誰が食べても美味しい料理を追求するかもしれませんが、鍼灸治療は
一人一人の症状や体質を詳細に診察して、目の前の患者さんに合わせて治療方針を決めて治療します。そのために脈や舌、腹などを診察して治療するのです。
だから年齢、性別、体質など、どんな人でも治療家のさじ加減で合わせるので、当院の鍼灸治療が体質に合わないなどと言うことはないのです。
以前、鍼灸治療で嫌な思いをしたことがあるが、当院の鍼灸治療なら安心して受けることができるということで、藤井寺、羽曳野、松原、柏原、富田林などの近隣の関西一円から難病や慢性痛で、何をやってもどこへ行っても治らない患者さんが、たくさん通院されております。
近くの鍼灸院で失敗されて嫌な思いをした方でも、「鍼灸治療が体質に合わない」などという都市伝説に惑わされずに安心しておこしください。
当院の治療について