大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




モンゴルボランティア in 2012

2012年8月11日〜8月18日

ゲル

モンゴルの遊牧民は今でも夏場はゲルと呼ばれるテントで生活をしています。我々はモンゴルに到着した日と最終日にゲルで寝泊まりしました。 あまり清潔とはいえないし、虫や鳥が入ってくるので初日から先が思いやられました。

ボランティアメンバー

モンゴルボランティアの治療家と現地通訳スタッフ4人で活動してきました。ダルハン市民病院の院長先生が絶景ポイントを案内してくれたときの写真です。通訳の現地スタッフともすぐに仲良くなり、チーム一丸となって、楽しい毎日でした。

デコボコ道

モンゴルの道は一応舗装されていますが、インフラ整備の予算が少ないせいか、どこの道もボコボコの穴だらけになってしまっていて、とても真っすぐ走ることができず、現地での移動が大変でした。

モンゴルの大自然

ウランバートルからダルハンへ向かう道中は、道路がデコボコでたいへんでしたが、見渡す限りの大草原が広がっていました。

モンゴルの大湿原

モンゴルは冬の間は土地が凍結していますが、夏になると氷が溶けて沼地になります。この写真の場所はは360度すべて大湿原となっていて、大陸のスケールの大きさを実感しました。

テレビ局のインタビュー

モンゴルにはテレビ局が3局あり、その3局のテレビ局がこぞって我々の医療団を取材に来ていました。写真中央は医療団の責任者の山本勝行先生です。テレビの反響はすさまじく、連日患者さんが殺到することとなるのです。

治療に殺到する人々

ウランバートル国立外傷病院での我々の医療活動を受けようと、モンゴル全土から大勢の患者さんが押し寄せました。

小児はり

発育不全の子供に小児はりを施しました。日本の小児はりは世界でも珍しいので、鍼灸治療と共にモンゴルで普及させることができたらいいと思います。

テーピング

4日前に落馬したが病院にも行かず、放置していたら歩くことが困難なほど痛くなってきた患者さんにテーピング固定を施しました。 モンゴルは保険制度が確立していないので、一般庶民はよほど重症でないと 病院へ行こうとしないのです。

鍼灸治療風景

毎日20人~30人の患者さんを治療しました。その場で痛みが消えたことに驚いて、小生の手を握って拝む人やお金をポケットにねじ込む人、お土産にモンゴルのサイコロをくれた人など。たくさんの人々に喜んでもらいました。

2013年8月13日〜8月20日のボランティア記事こちら>>