大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2015年8月4日
お盆休みのお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




固定観念に惑わされないで

2016年1月9日

世間では腰痛は温めろ
肩痛はよく動かせ
膝痛は歩け

「最近腰の調子が悪くて」
「あー、腰は温めなはれ!」

こんな会話がよく聞かれる

世間話ではそれでも良いが

治療院での診察では
そのような固定観念を
捨てることが大事である

例えば手がシビレるという訴えに

診察もせずに
「首から来ていますね」
という治療家がいるが

体も診ないで固定観念だけで
決めつけている

こういうのを

「アホの一つ覚え」と言う

手のシビれと言う症状の原因は
一つだけではない

肩、肘、手首で血行不良や
神経の圧迫がある場合

白蝋病やレイノー病のような
血管の病気

感染症や筋肉の萎縮

脳血管障害

糖尿病性の神経障害

手がシビレる原因は山ほどある


治療家は世間話をしている
近所のおじさんではない

患者さんの体の状態や変化を
医学的に問診、診察、検査

理論的に推理して
はじめて本当にシビれの原因が判って来る

診察の極意は
固定観念を捨てて
常に結果から原因を推理して

仮説に随って診察を進めて

間違いの無い診断を下す

これが診察の極意である

何も診ないですぐに
骨盤だ!仙腸関節だ!関節包だ!

という治療家が多いが

アホの一つ覚えのいう事を
鵜呑みにすると危険である

いい加減な対処で悪化している人が多い

固定観念に惑わされないように
気を付けてもらいたいものである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

トリガーポイントで肩こり解消Ⅱ

2016年1月8日

昨日のテレビ番組を見て
ビックリした!

東京慈恵大病院の
ペインクリニックのドクターが

トリガーポイントに
注射ではなく鍼を打って
治療されていたのだ

触診法や鍼の運用法の
技術的なのとについては

ノーコメントだが

ドクターが鍼治療で
肩こりを治療していることに
驚いたのだ
トリガーポイントはアメリカで
流行った治療法だが

結局中国5000年の歴史を持った
鍼治療と似たスタイルの
治療法にたどり着いている

ただ

ドクターには経絡や陰陽五行などの
複雑怪奇な中医学の理論が
解釈しにくいので

トリガーポイントや
円絡療法を取り入れる
クリニックが多いようだが

それらの治療法は局所治療で
対症療法でしかないことは
認識されているので

近い将来ドクターが
局所と根本を両方治療することの出来る
中医学的鍼灸治療を
実践されるようになる予感がしたのである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓




中医学 ブログランキングへ

トリガーポイントで肩こり解消?

2016年1月7日

新聞のテレビ欄で
「トリガーポイントで肩こり解消!」
というのを見つけたので録画予約した

今夜ゆっくりと見ようと思うが

トリガーポイントに注射器で
食塩水を注入すると

筋肉と筋膜の間に液体が入って来て
水圧でシワが伸びるので

肩こりが解消するのは当然である


鍼灸治療でも阿是穴という
現代で言うトリガーポイントに
刺針する事で肩こりを解消させている

ただし

鍼灸治療の場合は高い技術がいるが
トリガー注射に技術はいらない

だからトリガー注射ならどこの
ペインクリニックでも効くが

鍼灸治療は腕の良い
鍼灸院でないと効果がないことがある

その事については
トリガー注射の有意性は素晴らしい

しかし

トリガーポイントは元来
筋肉の疲労や筋膜の歪みやシワなど
局所的な対症療法である

肩や首の筋肉がナゼ血行不良を起こし
筋肉と筋膜の間のシワがよっているのかを
考えていな

例えば

泣いている子供に
お菓子を与えて泣き止ませただけのこと

泣いている理由を考えていないのだ

ケガをしたのか?お腹が痛いのか?
喧嘩したのか?おもらしをしたのか?

泣いている原因を考えないと
根本的な解決にはならない

肩こりにも一人一人違った原因があり

結果として僧帽筋や菱形筋が
血行不良を起こしているのだから

筋肉のシワが伸びて一時的に
コリが解消しても

その場しのぎの
泣いている子供にお菓子を与えているのと
同じ事である事を知ってもらいたい

中医学には「標治法」と「本治法」があり

標治法で局所治療
本治法で原因から根本的治療を施す

標治法と本治法を両方
同時に施さないかぎり

本当の意味での
肩こりの解消とは言えないのである

それでも

肩こりをその場で解消させられる
高い技術の鍼灸師は少ないが

トリガー注射なら技術はいらない

誰がやっても効くので
とりあえず肩こりが辛い人には
お勧めかもしれない

鍼灸師の技術向上を急がねばならない



最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓



中医学 ブログランキングへ