大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




筋肉痛

2014年9月23日

それまで毎週日曜日に
テニスをしていたが

3年前に上海中医薬大学に
通うようになって

テニスも出来なくて
3年間運動不足

今年は村の秋祭りで
布団太鼓を引っ張って
歩き回る予定なので

体力が気になり

腕立て伏せをしてみたら
5回しかできない

スクワットは20回でグロッキイ

ここまでひどいと思わなかった

祭りまであと3週間ほどで
肉体改造しなければ

同病異治

2014年9月18日

今日、祭りのはっぴを買いに行って

祭り道具屋さんのオジサンが

腰痛で遠方の中国鍼の
鍼灸院へ通っていたが

通院するのを止めたと言うので

ナゼ止めたのか聞くと

その先生は鍼灸学校の先生もしていて
本場の中国鍼が上手なので
通院していたが

最近は患者さんが増えて来て

7台のベッドに患者全員がパンツ一丁で
うつ伏せに寝て待っていて

先生が順番に腰に鍼を刺してゆき

その後助手が鍼に電気を
流しに来るだけの治療に
疑問を持って通院を止めたそうだ

「やめて正解ですよ」

中医学に同病異治という言葉があり

疾病の原因、深浅、古新の違い

色々なケースにおいて
同じ病気でも違う治療をすることを言う

腰痛にも色々なケースがあり

全ての患者に同じ治療をするのは

中医学を知っている治療家とは思えない

本物の国際中医師であれば
腰痛の人にいきなり

「腰を出してうつ伏せになって」
とは言わない

最低でも毎回脈と舌を診て
病邪のある臓腑経絡を特定し

正邪の虚実によって
鍼の太さ、技法を決定する

誰彼かまわず電気鍼をするのは
非常に危険である

本場中国鍼を大きくうたって

鍼灸学校で教鞭に立っていても

本物の治療家とは
とても言えない者が多いようだ

用心したほうがいい








鍼灸治療の目的は?

2014年9月17日

未熟な治療家達が

あれこれと好き勝手な説を

唱えているが

不勉強極まりない!

当院に来院する患者さんは

あちこちの治療院を渡り歩いて
当院にたどり着いた人たちだが

誰もが鍼灸治療の目的は

筋肉をほぐす
痛みを取る
リンパの流れを調節
自律神経を整える
ホルモンバランスを正常にする

などと説明を受けている

たぶん治療家本人が答えを知らないから

適当に口先でごまかしたのだろう

こんなことだから鍼灸治療の
知名度が低いのではないだろうか?

鍼灸治療は中医学の
天人合一論における「整体観念」と
いう大きな理論で成り立っている

自然界には強力な浄化作用があり

人体も天然自然の生物であり

体内には気・血がよどみなく循環し
全身を健康に保ち
自然に回復する
システムが備わっている

これが「整体観念」である

だから

病気になる事は

風・熱・湿・燥・寒などの環境

怒・喜・思・憂・驚などの感情

暴飲暴食・不規則な生活

などによって

体内の恒常性を保つシステムが
働かなくなった状態である

と中医学では考えるのである

だから

気・血の流れの悪いところを
探し出してその穴に鍼や灸をして

経絡の気・血の流れを正常に戻し

自然に回復するシステムを
再稼働させる

これを

「疏通経絡」と呼ぶ

鍼灸治療の目的は疏通経絡である

決して自律神経やホルモンバランス等を
正常にするような小さな目的ではない

それらの調子が良くなるのは

鍼灸治療の目的ではなく

「疏通経絡」の結果そうなるのである

今日はちょっとエキサイトし過ぎかな?