大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




足し算よりも引き算

2014年10月10日

健康増進のために20年以上
通院している患者さんが

ある日突然来なくなった

??

何かあったのだろうか?

心配になって電話をかけてみた

「膝が痛くなったので
近くの整形外科へ通院しています」

電話の答えに
思わずひっくりかえりそうになった

この患者さん

20年前に膝が痛くて整形外科で
手術が必要と言われて

当院に来院して鍼灸治療で2週間で治った

それ以来20年間当院で
健康管理していたから
痛みが出なかったのである

だから膝が痛くなった原因は

身内の不幸などで
3カ月ほど当院に
通院できなかったことにある

20年間機械のように通院していると

どこも痛くない生活に慣れていて

膝が痛くなった事に驚いて

初心を忘れて
整形外科へ行ってしまったのである

治るのなら整形外科にお任せしよう

そう思って電話を切ったのだが


2か月後、歩行困難状態になり
手術が必要だと言われて

やっと当院を思い出したらしい

20年も診てきた膝なので
すぐに治す自信があった

3日連続で通院してもらったら
痛み半減する予定だったが

少ししか改善が見られない

??

「色んな治療院で教えてもらった体操と
ストレッチを一生懸命やって
毎日先生の鍼灸治療を受けても
良くならないのはナゼですか?」

なるほど!

当院へ来ていなかった間に
歩行困難にまで悪化した真の原因は

本人が自分で体操や
ストレッチをして悪化させていたのだ

「今日からそれを全部やめてください」

ところが

それから3日連続治療しても
改善が見られない

??

「家で安静にしてますか?」

「・・・・はい」

「全部やめないと手術ですよ!」

その後2週間で改善した

治療家によって説明や指導が全く
正反対のことがあるので

患者さんとしては混乱して

足し算をしてしまったのだろう

いいとこ取りして早く治そうと思ったのだ

真面目な人にありがちな過ち

たまには引き算も必要なのである。



言論の自由とは?

2014年10月9日

産経新聞の前のソウル市局長が
パク大統領の名誉棄損で
ソウル中央地検から
在宅起訴されたそうだ

日本やアメリカは
韓国の憲法が
「言論の自由を無視した法律だ」と

真っ向から対立しているが

どんな内容を記事にしたのか?

その内容はあまり報道さらていない

「言論の自由」や「表現の自由」は

人によって、相手によって、立場によって
国や地域によって、その時の気分によって

自由が許される許容範囲が違うので

議論になりにくい問題である

しかし

この問題とは少し違うが

メディア側にも問題は多い

ホームページ等の誇大広告は

根拠の無いものが多い

同業者を悪く言いたくないが

「リピート率96パーセント」
「地域ナンバーワン」

この数字どうやって計算したのだろうか?

週刊誌のサプリメントや
美容、占い、運勢が良くなるグッズ等

根拠無根の文言が
雑誌の半分以上を占めている

詐欺罪に該当するようなものも多い

言論の自由は大事だが

その一方で一線を越えた者に対しての
対策も大事ではないだろうか?

もったいない

2014年10月8日

携帯電話会社から

「定額制になって事業者様向けの
安いコースを紹介しますので
ブランド変更してください」

という電話があった

3月に新機種に変えたばかりなので

断った

最新機種が出たからと言って
飛びつくのは

小生個人的には

「不節操」という他はない

小生は時代遅れと言われても

2年契約で買ったら

最低でも2年は大事に持つ!

経済的で合理的というのと

新しい物を次々と使い捨てるのとは

違うと思うのだ

機械が新しくなり支払いが安くなる

「誰も損しないではないか!」

「お得な事ばかりではないか!」

確かにそうであるが

人間には道徳や哲学と言うものがあり

損得の問題では無いのである

人として出来ないと言っているのである

こういう行為に後ろめたさを
感じない人が多くなる事を懸念する

道具を使い捨てにする事
契約を簡単に反故にする事に

何のためらいも無い人々が

どんな社会を築く事が出来るのだろうか?