大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




ぎっくり腰

2014年11月21日

腰が痛いというと

「それはスグに温めなさい」

「ストレッチ体操がいいよ」

「マッサージに行きなさい」

世間一般的な常識のようだ

確かに高齢者の腰痛の多くは
中医学における「腎虚腰痛」なので

温熱、体操、マッサージが有効だ

「腎虚腰痛」は加齢によって
先天の気が弱ることによって

冷えやすくなり関節や筋肉に

重だるい慢性的な痛みがおこる

中高年の腰痛の7割以上は

腎虚腰痛なので

7割の腰痛には有効である

ところが残り3割の腰痛には

逆効果になることが多いので気を付けてほしい

特にぎっくり腰には良くない

小生に言わせればぎっくり腰は

一週間以内に治らなければいけない

ぎっくり腰で10日以上良くならないのは

ぎっくり腰ではないか

治療法が間違っているかである

ぎっくり腰が重症の腎虚腰痛ならいいが

ぎっくり腰は捻挫や肉離れなので

温熱、体操、マッサージは逆効果!

ぎっくり腰で困っている人の多くは

鎮痛剤を常用し

毎日のように整形外科や
整骨院で電気治療やマッサージを受けている

10日以上治療しているのに

症状が改善しない場合は

ぎっくり腰と腎虚腰痛の見極めができないで

漫然と温熱、体操、マッサージを
している可能性が高い

悪化している時には思い切って

病院を変わることも必要である


終身刑創設には疑問

2014年11月20日

死刑廃止議連が死刑と無期懲役の

刑の重さの違いを埋めるために

「終身刑」を創設する法案を
提出する予定だそうだ

死刑を宣告される人は

残酷な手口で2〜3人以上殺している

その被害者の無念や
残された家族の気持ちを思うと


命の代償は命で償うしかない!

そう思う

刑務所に入った経験は無いが

そもそも刑務所での生活は
そんなに辛いものなのか?

長いこと刑務所で生活すると
それだけ重い罪を
償ったことになるのだろうか?

刑務所は栄養バランスの良い3食与えられ

病気になれば無料で医療が受けられる

職業訓練やスポーツも奨励され

娯楽の慰問もあるそうだ

寝食を共にする仲間もたくさんいて

とても充実した人生がおくれそうだ

終身刑が創設されて死刑が無くなると

刑務所に入る為に殺人をする人が
多くなるのではないだろうか?

刑罰とは何かと考えると

罪を犯させないための
抑止力でなければ意味が無い

犯した罪を償うための
辛い業でなければならないのである

江戸時代には仇討制度があった

凶悪犯には仇討制度を復活させる

遺族の無念も晴らせて
罪の償いにもなり
犯罪の抑止力にもなる
万引きやひったくり犯などには

百叩きの刑なども有効だ!

そう考えると

ただ長期間刑務所で生活するだけの
現在の刑罰制度はどんなものなのかな?



流行語大賞

2014年11月19日

今年も残すところ、うんうんかんぬん
などという季節になってきて

毎年のことながら
流行語大賞のノミネートが発表された

アナと雪の女王から
「ありのままに」「レリゴー」

「だめよ、ダメダメ」

などなど50もの言葉が並ぶ

小生の今年一番印象に残った言葉は

「黒田バズーカ2」だ

日銀総裁の黒田さんが
10月31日に80兆円の追加緩和を発表

株価が急上昇し円安が進んだ

大手企業や株などを
多く持っている者は大喜び

中小企業や一般庶民は
物価の上昇で生活が苦しくなる

10月の中小企業の円安倒産が
史上最悪を記録し

食料品を中心に物価が上がり
消費の冷え込みが加速している

10〜20兆円を追加して
総額80兆円にのぼる資金を投資する

これらの資金の財源は

株式投資信託や不動産投資信託で

国民の預貯金や年金を担保に

こんな勝ち目のないギャンブルをする

日銀総裁の権限に驚いたのである!

年金、介護、福祉政策に
この資金を充てていれば

40年以上消費税増税の
必要がなかったのである

この黒田バズーカ2によって

日本の将来が非常に
不安なものになった事は間違いなく

世界史に残る事件かも知れない

日本経済が破綻して
円が紙きれ同然となる日が来ても

誰も責任を取らないし
黒田さんが罪に問われることもないだろう

2014年の10月31日の
「黒田バズーカ2」は

将来、3.11や9.11のように

世界の人々の記憶に残る日に
ならないように願うしかないのである