大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




スーツ3着よりどり29800円!

2014年12月1日

近鉄百貨店の新聞折り込みに

スーツ3着よりどり29800円!

えー?

29800円、39800円、49800円

3種類あると書かれてあった


日ごろスーツを着ることが無く

持っているスーツのシルエットが
何となく古臭いように感じていたので

昨日の日曜日にのぞきに行ってきた

11時と時間も早かったので

百貨店は人も少なく静かだった

9階のスーツ特設会場へ行くと
様子は一変し

黒山の人だかりになっていて

店員さんが不足していて

スーツのサイズや体型などが
よく分からない小生は

本当にのぞくだけになってしまった


仕方なく階を降りていると紳士服の階に来て

せっかくだから一周だけ見て回ろうと

歩いていると

いい感じのコートに釘付けになり

49000円というプライスは

スーツ3着の一番高い予算内で
その日ピッタリ持ち合わせていたので

即座に買ってしまった


凄く気に入って買ったので

良い買い物をしたとは思うが

何となく百貨店の策略にはまった気がする


今日から仕事、頑張らねば!

マッサージをしないのは一流の証!

2014年11月28日

患者さんが
「めまいがするから鍼医者に行ってくる」
と言うと

「めまいの時にマッサージは危ないよ」と

誰もが言うそうだ

「めまいで寝たきりになった時に
往診の鍼灸治療で治してもらったよ」

「私の行く先生はマッサージはしないよ」

何度言っても誰も理解できないらしい


小生も昔そうであったように

鍼灸治療で患者を治せないので


せめてマッサージで気持ちよく
満足してもらおうとする


巷にあふれる鍼灸整骨院では

もれなくマッサージがついてくる

だから世間では

鍼灸治療にはマッサージがふくまれると

勘違いしている人が多いのである


マッサージをしないのは

鍼灸治療で治すことができるからである

マッサージをしない鍼医者は

一流の治療家の証なのである!


東洋医学は予防と養生

2014年11月27日

我々は病気になって病院にかかるのが
普通になっている

病院は発病してから行くところ

東洋医学には「未治病」という言葉がある

まだ発症していない病気を未然に治す

また、「養生」という言葉がある

生活習慣を正して健康を維持する
自分の体の状態を知り
体に悪いことをしないように心がけること


膝の悪い患者さんが糖尿病の薬を飲んでいる

「血糖値はいくらぐらいですか?」

「知らない」
「薬を飲んでいるので正常だろう」

病院では投薬で血糖値の数字合わせして

患者に養生を指導しない

これでは臭いものに蓋をしているだけなので

患者は毎日好きなものを
お腹いっぱい食べて

病気はどんどん進行していく

鍼灸治療には

・発病して治療する
・発病を予防して健康増進する

2つの特徴がある

ぎっくり腰などの激しい痛みが
一瞬にして消失するので

頓服薬のように使うこともできる

定期的に治療することによって

健康の維持増進と病気予防になる

同時に脈や舌、腹や背中の変化を
観察することで

気管や胃腸がなどの内臓の
弱りなども事前に把握して

用心するように指導するので

未病を防ぐことができる

予防と養生ができることが
東洋医学の最も素晴らしいところである

当院の患者さんの大半は

大変な症状に悩まされて
あちこちの病院や治療院を受診したが
効果が無かったので

東洋医学の駆け込み寺である当院で
治療して症状が改善して

現在はどこにも痛みのない人たちである

定期的な通院をしていれば
健康で充実した日常生活を過ごせる

病院に何年も通院しているのに
「痛い痛い」「もう治りません」
と言っている人たちとは

人生のクオリティーが違うのである!