大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




顔面神経麻痺

2014年12月19日

顔面神経麻痺の患者さんは

サングラスをして
ハンカチで顔を隠しながら喋る

笑うと麻痺していない方に顔が引っ張られ
ヨダレが垂れてツバが飛ぶからだ

当院にも顔面神経麻痺の患者さんが
通院されているが

「辛いだろうな」

本人の気持ちを推し量ることも出来なかった


今日、

歯医者さんで麻酔注射を受けた時に

ズキッ!

電気が走ったような強烈な痛みを感じた

治療後2時間たっても

口の感覚が戻らなかった


シビレて感覚が無く不快である

喋りにくい、ヨダレガ垂れる

物を食べる時に唇の内側を噛んでしまう

味は分かるが美味しく感じない

唇が麻痺している部分だけ動かせない

だんだん不安になってきた


このまま戻らなかったら?

さいわい

感覚が戻り事なきを得たが


顔面神経麻痺の患者さんの

辛さが少し想像する事が出来た

非常に不便で辛い上に

「治るのだろうか?」

とても強い不安感を感じたのである

2〜3時間でも大変なストレスだった


治療しても何日も治らない
顔面神経麻痺の患者さんは

大変なストレスと戦っておられることが

想像でできたのである

しかも

医療過誤による顔面神経麻痺の
患者さんは怒りの気持ちも強いだろう


顔面神経麻痺の患者さんの治療は

麻痺の改善の治療と共に

疏肝と安寧の経絡治療を施す
必要があることが分かったのである

風は恐いね

2014年12月18日

12月17日は日本列島を
爆弾低気圧が襲い

各地で大雪の被害が出た

中でも網走での高潮被害には驚いた

高潮とは、

月の引力で潮が満るのと同じように

気圧が下がる力によって
海面が引っ張られて膨張し

強風で起こる高波と共に
一気に陸地へ押し寄せてくる波の事

台風の時に警報が出るので
聞いたことはあったが

低気圧でも起こるのかと驚いた

近年、竜巻やゲリラ豪雨や爆弾低気圧など

今まで聞いたこともない天災にみまわれる


台風なら早くから予報が出るので
非難したり、孤立した時の準備ができるが

どこでどんな被害が出るのか?

予想が難しいのが現状である

中医学でも風邪(ふうじゃ)は

・突然襲来する
・攻撃する患部がよく変わる
・上方を攻撃する

などの特性がある

発病が急で神出鬼没

だから脳卒中を「中風」と呼んだ


天災は避けられないこともあるが
風邪ひきは自己責任である

寒いので健康管理を
怠らないようにしようと思う今日この頃







古くても手入れしだい!

2014年12月15日

平成13年に購入した
愛車トヨタイプサム

車検のたびに他の車に
乗り換えようかと思いながらも

これという車も見当たらず

買い替えの資金もなく


今年13年目の車検を通した

長く乗っていると愛着がわいてきて

少しくたびれた感じが
可愛らしく思えてくるのである

10年目ぐらいからエンジンの音が
少し大きくなってきて

最近ではアイドリング音が
かなり大きくなって気になっていた

昨日オイル交換でトヨタに行って
相談してみると

「エンジンシャンプーをお勧めいたします」

エンジン内のススやカーボンカスを
オイルと一緒に排出するそうだ

エレメント交換と両方で3800円なり

待つこと1時間余り

乗ってみてエンジン音の静かさに驚いた

新車の頃の静かさが甦ったようだ

逆に新車の時には味わえない変化だ

更に愛着が深まった


我々の体も同じこと

使い捨てのように使うだけ使って

「古いのでもう元には戻らない」と

手入れをしなければ早くダメになる

古くても手入れしだいで
いつまでも元気に使える

愛着を持って自分の体の
手入れをしようと思ったのである