大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2017年3月16日
まちゼミ速報
2017年2月15日
まちゼミ速報
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




郭林気功の「三心」に共感!

2018年9月27日


先日、癌に効く郭林気功を習いに

郭林気功宝塚教室へ行ってきました

上の写真は宝塚教室の講師で

私とは上海中医薬大学時代の先輩で

国際中医師でもあるチャーリー横山先生


その時に購入したDVDに

「郭林気功を行う心構え」が収録されていて

「三心」をしっかり定めよ

三心とは「信心」「決心」「伸心」のことで


信心は郭林気功の効能を信じる心

決心は郭林気功で治す決心をする心

伸心は郭林気功を愚直に続ける心


郭林気功の効能を信頼できず

自分で努力して治す決心もなく

三日坊主で止めてしまうようでは

郭林気功の効能を感じる事はできない


と、説明されていました


私はこの「三心」という言葉に

激しく共感します!


癌に係わらず世の中には

難病やいくら検査しても原因の分からない奇病がある


そのような難しい疾患と戦う時に

「試しにやってみようかな?」

「誰か治してくれる先生いてないかな?」

「本当に効くのかな?」


このような感覚で治るものではありません


郭林気功でも鍼灸治療でも


「三心」をしっかり心に刻んで

その効能を信じて、絶対に治るまでやりきる決心をして

自分で治すつもりでじっくりと継続して努力すれば

難病や治りにくい慢性病であっても

必ずその素晴らしい効能を実感することができるのです


私たち治療家は常に寄り添い、励まし、導く

アスリートのトレーナーのようなものなので

治る決心ができた人には全力でサポートします

一緒に頑張りましょう!



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯郭林気功
♯癌
♯難病

鍼はチクチクするけど「痛い」のかな?

2018年9月26日


鍼の感覚をイメージすると

「チクチクする」「ズーンと重くなる」など

いろいろな言葉で表現されるが


それは


「痛い」という意味なのだろうか?


生まれてこのかた鍼治療を受けたことがない人が

鍼を刺すのだから「痛いに決まっている」といって

鍼を打つたびに「痛い」「痛い」と言う


「痛いですか?」と訊ねると

「そら痛いに決まってます!」


どんな感じがしますか?

「・・・・」

「チクっとするなー」


そのチクっは「痛い」という言葉で合ってますか?

「・・・・」

「痛くないかもしれないけど恐怖感がある」


食わず嫌いは恐怖感思いこみ


タコやナマコ、納豆など

見た目がグロテスクだったり臭いがいやだったり

食べてなくても「マズいに決まってる」

「毒があるかもしれない」などの

恐怖感とマズいだろうという思いこみで食べない人がいる


私はタコもナマコも大好きなので

食べない人を見ると

可哀想という思いをとおり超えて哀れに思える


食べない人にとっては大きなお世話だが

その美味しさを知っている者からすると

ぜひ食べてほしい、この美味しさを知ってもらいたい

そして

その人がその美味しさに驚いて

知らなかった喜びを感じてもらいたい!


そんなふうに思うのです


同じように

鍼灸治療を経験したことも無いのに

恐怖感と思いこみだけで毛嫌いしている人に

鍼灸治療の効果に驚いてもらいたい

諦めていた「痛みが治るんだ」と

希望をもってもらいたいと思うのです


鍼はチクチクするかも知れません

ズーンと指圧されているような感覚があるかもしれません


だけど

それは「痛い」のではなく

むしろ心地よいと誰もが感じる刺激なのです


中国鍼などは確かに痛いかもしれませんが

当院のように痛くなくて即効性に優れた鍼灸治療を

施している鍼灸院がたくさんありますので

やりもしないうちに除外するのではなく

治療の選択肢の一つとして考えていただきたいと思うのです。



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯食わず嫌い

郭林気功のセミナーに参加してきました

2018年9月25日


昨日、9月24日(祝)

郭林気功宝塚教室にお邪魔してきました!


郭林気功とは中国の郭林女子が

末期癌を気功で克服したことで

中国全土に「癌に訊く気功」と広がり

日本でも全国から癌患者さんが習いに来ています。


主催されている横山先生とは上海中医薬大学の同窓生で

在学中は本当に世話なった先輩です


横山先生は奥さんを癌で亡くされて

奥さんの闘病中に郭林気功と出会い

奥さんが無くなられた後も

癌と闘っておられる多くの患者さんやその家族のために

3ヶ月に一度、無料のセミナーを開かれています



その横山先生の熱意に感動していて

前々から一度お邪魔したいと思っていたのですが

昨日やっとお邪魔することが出来ました!


当院の患者さんも一緒に参加されたのですが

全国から多くの癌患者さんが来られていて

自分一人が癌と闘っているのではなく

同じように闘っている方々が大勢おられ

当事者にしか分からないお話ができて

とてもリフレッシュできたと喜んでおられました


末期癌と宣告されて3年とか7年とかいう人が何人も来て

元気に気功を習っておられるのを見ると


世の中には科学では理解できない現実が

いくらでも存在するのだ


医師が「余命何カ月です」と言ったからといって

「そうですか」と諦めてしまったらいけないのだと強く思いました


体が持つ生命エネルギーを極限まで引き出すには

自分を信じる気持ちと希望をもって

「これを行っているから大丈夫!」と

安心できる事を毎日継続することが必要なのだと感じました


人の体の持っている力

希望という心のエネルギーの偉大さ

それを信じて毎日継続して行うことが

現代医学を驚かせる奇跡をおこすのだと思いました。




★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯郭林気功
♯癌
♯郭林気功宝塚