大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




中国鍼と日本鍼はどう違う?

2015年3月27日

国際中医師による
中国5千年の伝統医術によって
慢性病や難病を治療する

とホームページに書いてあるので

おたくは中国鍼ですか?

電話でよく問い合わせがある


「中国鍼」とは何なのだろうか?

国際中医師でありながら

世間一般的な「中国鍼」の言葉の
意味が良く分からない事に気付いた


そこで

「中国鍼」という言葉の
意味を考えてみることにした

すると興味深い事が分かった

重要なことは3つである

①治療方針
②使用する鍼
③治療の手技

①の治療方針については
中国5千年の臨床データの
統計学である中医学を基に治療する

②使用する鍼が中国製

③中国の手技は鍼をツボに刺し
上下に動かしたり左右に回転させて
ズーンとかズキーとくる
「得気」や「響き」というものを重要視する

これが中国鍼の言葉の3要素である


当院では
①は完全に当てはまる
②は完全に当てはまらない
③は患者さんのニーズによって使い分ける

①については鍼灸治療がマッサージ等の
代替医療や対症療法ではなく
根本的に治療することの出来る中医学を
治療の基本としている

②漢や宋の時代なら中国製のほうが
優れていたが
現在の鍼を作る技術は
日本製が世界最高であるので
当院ではメイドインジャパンの鍼を使う

③中国人は農耕民族なので
体もゴツく皮膚が粗いので
太い鍼で強い刺激を好む

日本人でもそのような治療を
過去に受けていてそういう
治療を希望する方には
得気や響きを与える手技を使う

しかし

現代の日本人はデスクワークや
ストレス、虚弱体質の人が多く

強い刺激は逆効果の場合が殆どなので

通常は極細鍼で痛くない治療で
気血の疏通を図り虚を補うのである

よって

当院では中国鍼の3要素のうち

2つは当てはまる

小生個人的には中国鍼という
言葉はあまり好まないが


中国鍼か?と訊かれたら

鍼は中国製ではないが

中医学に基づいた鍼灸治療で

「得気」や「響き」が好きな人には
その様な手技も出来る

と答えていいのではないだろうか?


予防医学を考える

2015年3月25日

米ハリウッド女優の
アンジェリーナ・ジョリーが
癌予防のために卵巣と卵管の
摘出手術を受けたらしい

検査の結果
腫瘍マーカーは陰性だったが

医師が卵巣と卵管に 
極初期の病変を発見し

癌になる可能性が50%と見立て

即座に摘出を決めたそうだ



愚かすぎて言葉が見つからない


可能性50%と言えば

半々、トントン、五分五分!


ドクターが何%ですと言うのは

自信があって80%〜90%

自信が無いときに五分五分ですと言う


彼女は予防医学を完全に取り違えている

癌になる可能性なんて
人類全員50%以上

いやそれ以上だと思う


卵巣や乳房ではなく

肺や舌、顔面に癌の可能性が

50%でも彼女は摘出するのだろうか?

一度検査をしてみてはどうだろうか?


癌、脳卒中、心臓病のリスクは

誰にでもあるのである

それを発病しないように

健全な生活習慣を身につけ
適度に体を動かし
良好な人間関係を構築して
ストレスのない生活をする


毎日30分の散歩でも良い
良く噛んで食べることでも良い
地域のためにボランティアでも良い
お地蔵さんに日参でも良い

何でもいいから

「これをしてるから自分は大丈夫」と
思えるものを日々実行する事が

予防医学の神髄なのである

人工関節手術

2015年3月23日

変形性膝関節症で
人工関節手術を受けた人で


膝痛の人に誰にでも

「手術したらスグに楽になるよ」と

いう人が多いのだが

本当だろうか?

人工関節は元の骨をノコギリで切り落として

そこに金属製の
人工関節を埋め込む手術だ


歯の治療で言うと

インプラントに該当する

歯の根っ子まで腐って
抜かなければならなくなった人が

歯を抜いて金属製の歯を埋め込む


例えば虫歯で痛くて夜も眠れなかったら

次の日にインプラントにする人がいるだろうか?

虫歯なら虫歯の治療で痛みが無くなれば
それで健康な生活ができるのだ

虫歯の治療をとことんやっても

根っ子まで歯槽膿漏が進んでいるから
あきらめてしょうがなくインプラントにする


冷えたり歩きすぎたりすると

あちこち痛くなる

時々水が溜まって歩けなくなるが

少しぐらいくたびれて
変形していても

関節が根っ子まで
腐っているわけでは無い!

適切に治療していれば
いつまでも自分の膝で

健康に生活できるのである

間違った知識を誰にでも
押し付けるのは

ありがた迷惑以外の何者でもない