大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2017年8月2日
夏祭りに参加
2017年5月22日
お灸教室開催しました!
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




肩こりも必要な不快感なのでは?

2018年9月30日


肩こりを考えるとき

人間には必要な不快感なのではないかと思えてきた


肩こりには肩や背中が凝るものや首や頭が凝るもの

筋肉疲労のものや血行不良のもの

脊椎の変形や神経圧迫などのあるもの

精神的、内臓的、感染症など


いろいろあり


ほとんどの場合

マッサージでスッキリ解消することはない


しかし


とても気持ち良く、疲れた心を癒してくれて

至福のひと時を得ることができる


自然界を見れば

グルーミングといって「サルの毛づくろい」のような

お互いの寄生虫をとったり

舐め合ったりする行為があり

仲間同士のスキンシップを行っている


人間は赤ちゃんの時

母親に抱かれてすくすく育つが

子供になり成人すると

だんだんスキンシップが足りなくなって来る


特に子育てが済み子供が巣立った後は

人とスキンシップをとる機会が少なくなる


そういう意味で


肩こりは家族間でのスキンシップに

非常に大きな役割を担っている


先日、ロフトへ行き

健康グッズのコーナーへ行くと

自分で首や肩、頭部などをマッサージする道具が

山のように並べてあったが


一人暮らしの人はそれも仕方ないと思うが

家族がいる場合は家族間でお互いに

マッサージをしてスキンシップをはかってもらいたい


マッサージを通じてお互いの温もりを確かめ合い

信頼関係を確かなものにして

心の安寧を図ることは人間にとって

サルのグルーミングと同じように必要なスキンシップなのである


そう考えると肩こりも必要な

不快感なのではないかと思えるのです。



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩

信号のない横断歩道に人がいる時はご注意!

2018年9月29日


最近、季節の変わり目だし

阪神が弱くて野球も面白くないので

夕べは「the警察」という番組を見ていた


日本全国の警察に密着して

下着ドロボーや裏ビデオ販売業者を捕まえる

警察官が頑張っている姿を見て

「おまわりさんもご苦労さんやなー」と

感心して見ていた


ところが


一番最後に白バイ隊の婦人警官が出てきた


20代の可愛らしい女の子のような警官が二人

「テレビで婦人警官が白バイに乗るのを見て

自分も白バイに乗るのが夢だった」と

二人同じような夢を語っていた


「小さい頃からの夢がかなって良かったなー」と

お父さんのような気持ちで見ていた


ところが


その二人の仕事ぶりを紹介しはじめたとたん

無実の人を捕まえて切符切って

罰金を払わせているではなか!


横断歩行者妨害という違反だそうだが

信号のない横断歩道の脇道に白バイで隠れて待機し

歩行者の足が横断歩道にかかっている時に

たまたま通過した車を捕まえるのだ


「全く、何も、100%危険ではない」

普通に安全に走行しただけの車を捕まえて


歩行者の安全第一です!

歩行者の横断を妨害したでしょ!

危険なことは未然に防ぐのが私たちの仕事です!


「あほか!」


「危険なこと」と言われたら

車を運転することそのものが危険なので

我々ドライバーはいつ捕まって

罰金を払わされても仕方ないことになるので

うかうか車を運転できないではなか!


歩行者が横断歩道で手を上げて

横断しているのをかすめるように走り去ったのなら

とても危険な行為なので

横断歩行者妨害で捕まればいいと思うが


明らかに歩行者は横断する意志もなく

ただ何となく横断歩道に片足出しただけであり

歩行者は「危ない」とか「迷惑」とか

全く感じていない状況なのに違反切符を切るなんて


「へんな言いがかりつけるなや!」

ドライバーの方が怒っていたが

見ていた私も全く同感である


善良なドライバーを捕まえて言いがかりをつけるために

この子たちは白バイに乗っているのだとしたら

とんだ夢を叶えたものだ


そんな事を思いながらテレビを見ていると

窓の外で暴走族の騒音が聞こえて来た

「あのうるさいのを取り締まってもらいたい」

「そう言えば富田林の逃走犯もまだ捕まっていない」

だんだん警察に対する不満が吹きだしてきて


それまでの「おまわりさんも頑張ってくれている」という

警察に対する感謝の思いがどこかへ吹き飛んだのです


おそらく今日はテレビ局や警察にたいして

私と同じような抗議の電話が

ジャンジャン鳴っているのではないだろうか?

とにかく信号のない横断歩道に人が立っている時は

気をつけて通行しなければならないと思ったのでした。



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯白バイ
♯the警察

「寝違い」や「ぎっくり腰」にストレッチは要注意!

2018年9月28日



インターネットで「寝違い」や「ぎっくり腰」

というワードを検索すると

簡単ストレッチで即解消などと


寝違いやぎっくり腰が簡単んに

アッという間に治ってしまう

という趣旨のサイトや動画でいっぱいだ


これは非常に危険な状態といえる


当院の患者さんで

荷物を持った瞬間に腰に激痛が走り

「これはヤバい」と思い

スマホでぎっくり腰に効くストレッチの動画を見て

四つん這いにになり、天井を見上げるようなポーズをして

そのまま動けなくなり、タクシーで整形外科へ行き

レントゲンで脊柱管狭窄症があることが分かり

その後、半年間足のシビレがとれなくて

最終的に当院に鍼灸治療のために遠方から来院された方がいる




大きな声で世界中に聞こえるように言いたい


寝違いやぎっくり腰の原因は1つではない


寝違いもぎっくり腰も

ある日ふとした拍子に痛くなり

首や腰が痛くて動くことができない疾患だ


そこでみなさん

よく考えてもらいたい


寝違いもぎっくり腰も

分かっているのは「動かすと痛い」という

症状しか分かっていないのです


お分かりでしょうか?


要するに結果しか分かっていないのです


これを算数に置き換えると


答えは5


同じ答えが5でも

1+4=5、10―5=5、1×5=5、10÷2=5


みんな答えは5だが

5という答えになる過程が違うのです


だから寝違いだから、ぎっくり腰だから

        ↓

 すべて同じストレッチで一発解消!


などというような結果にはならないのです


同じ症状でも一人一人原因が違い治療法も違います


ネットに出てくるような

○○にはこれで簡単!一発解消ストレッチ

などという、いかがわしい動画を信じてはいけません!



動かすことが困難な痛みがある時は

絶対に自己判断でストレッチやマッサージをするのではなく

専門の治療院へ行って診察してもらいましょう



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩