大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




肩こりが先か?歯痛が先か?

2015年8月6日

右の肩がこって歯が痛い

このような症状に

鍼灸治療を施すと

肩こりも歯の痛みも無くなる

しかし

この場合

肩こりが先か

歯痛が先かで

予後(治療後の経過)が違う


肩こりが原因で歯痛になっていたら

予後も良好であるが


歯痛が原因で肩こりになっていた場合は

鍼灸治療で症状が消失しても

すぐに再発する

この場合は

歯医者さんに行ってもらわなければ

治らない

歯医者さんは嫌いだから

鍼で治してほしい


いやいや

それはさすがに無理ですよ

自律神経失調症は鍼灸治療の得意分野です!

2015年8月4日

鍼灸院はふつう

肩こり、腰痛などの

筋肉や関節の痛みを

専門分野としているが

それらは

何らかの原因によって

起こってきた結果の「不調」


筋肉が硬い、緊張しているので

揉んだり、ストレッチする

これは結果に対してアプローチしている


当院では

中鍼灸治療により

「不調」の根本原因を治療する

だから

肩こり、腰痛、膝痛などの

筋骨格系の不調は当然のこと

消化器科、呼吸器科、循環器科
泌尿器科、婦人科、小児科
口腔科、心療内科など

全ての治療が可能だ


特に

精神的ストレスが原因の「不調」には

中医鍼灸治療が最適である


心身症や神経症

心身症はストレスから胃潰瘍などの
器質的病変を起こすもの

神経症は神経性胃炎、心臓神経症など
器質的病変が無いのに
その部分が痛むもの

それらの患者さんの多くが

自律神経失調症や鬱病を

併発しているケースが多い


頭痛、めまい、動悸、冷え症、生理痛
肩こり、倦怠感、不眠、食欲不振、便秘


などの不定愁訴を抱えて

内科、胃腸科、脳神経科、婦人科

心療内科など

あちこちたらいまわしにされて

最後に

「年齢的な不調ですから気にしないで」

と言われてしまい

何も治療法が無い

こんな患者さんが

とても多いのである


このような患者さんは

症状は様々な「不調」だが

原因は精神的苦痛である


中医学に「異病同治」という言葉が有り

違う病気だが

原因が同じなので

同じ治療を施すという意味である


中医学は精神的苦痛に対して

何千年もの間試行錯誤して

治療してきた歴史があり

中医鍼灸治療には

精神的苦痛による不調を

改善させる治療法が確立されている


だから


当院は自律神経失調症や

更年期障害、仮面うつ病などの

どこへ行っても治らない患者さんの

最終的な駆け込み寺になっている


このような患者さんを一人でも

苦痛から解放するのが

当院の役割だと思うのである


電気柵

2015年8月3日

電気柵が切れて
川に落ちて

川で感電して
2人も亡くなった事故が起きた

知らなかったが

近年、山にエサが少なくなり

色々な動物が
里へ下りて来て
農作物を食い荒らす被害が多く

自衛のために
電気柵を張り巡らせる
農家が増えているそうだ

電気柵を設置する農家が
急に増えたので

法律的なルール作りが
間にあっていないらしく

事故の後になって
どこの行政も慌てて
点検を強化しているそうだ


自衛と言えば自衛隊


今、国会では安保法制で

憲法の解釈をめぐって

色々な話し合いが行われているが


昨今の世界情勢に

いちいち

慌てて手だてを立てていたら

電気柵の事故のように

思いもよらない悲惨な事になるのは

明白である


日本は戦後70年間

憲法の解釈をめぐって

何度も何度も国会で議論して

今の憲法を堅持してきた


慌てて憲法解釈だけで

戦争を出来る国にするのではなく

国民の声に耳を傾けて

必要なら国民投票で憲法改正をして


しっかりしたルールを作ってから

議論してもらいたいものである。