大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2017年1月22日
お灸教室開催しました!
2016年12月6日
正月休みのお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




治るスイッチを入れよう

2016年2月4日

昨日、予約なしで入ってきた方が

「五十肩なんだけど
整形外科や整骨院では治らない
ここは五十肩が治ると聞いたけど
保険で治療してください」と言われたので

捻挫や打撲などの外傷以外は
保健治療はしていない事をお伝えした

しぶしぶ了解したようで
2日後の予約をして帰られた

ところが約1時間後

「やっぱりお金が続く自信が無いから
キャンセル」と言う

快くキャンセルに応じてあげた


疾患が治るか治らないかは
どこで治療してもらうかではなく

治す気が
あるのか?ないのか?

そもそも身体は自分で治るものである

それが治らないのは

治し方が間違っているのか
治す努力をしていないのか


当院においては
初回に回数券を購入する人は
100%治る!

何故なのか?

小生が考えるには
2万円を超える大金を支払うことで
治る決心がついた人達なのだ

どこへ行っても何をやっても
いっこうに良くならない疾患を治すには

自分自身が治る決心をして
心の中の治るスイッチを
ONにしなければならない

回数券を購入する人は
治るスイッチがONになった人なのだ

だから

仕事や用事があっても
何とか都合をつけて
何よりも治療を優先して通院してくる

安価な保健治療に慣れてしまって

治る保証もないのにそんな大金を払えない

などと思っている人は

どうしても治療以外の用事を優先して
暇な時に治療に来ようとする
指導したことも守らない

だからどこへ行っても治らないのだ



最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

陰極まれば陽生まれる

2016年2月3日

2年ほど前にも
清原選手には
覚せい剤を使用している
容疑がかけられたが

本人が否定して
うやむやになっていた

その間に

嫁さんは2人の
子供を連れて離婚した

小生はべつに
清原選手のファンではないが


年も近く、若いころから
甲子園やプロ野球の
同世代のヒーローだったので

逮捕されるとショックである

今から考えると

あれほどの結果を残した選手が
引退後、コーチや監督などの
指導者にならなかった

解説やタレント活動も頓挫していた

これは

出来なかったと考えると説明がつく


子供の頃から野球の天才で
彼を中心に世の中が回っていき
努力をする事を知らずに大人になり

練習の仕方を教えたり
組織の中で認められる方法が
分からなかったのだろう

彼の周りには
有名人でお金持ちに
よって来る人ばかりで

彼の事を本当に理解して
膝を付き合わせて話が出来る親友もなく

孤独な日々だったのではないだろうか?


世の中は陰と陽

中医学用語で
陽極まれば陰生まれると言うが

明るいスポットライトのあたる人生から
真っ暗などん底に落ちた人生に
突然転落したようなものだ


陰極まれば陽生まれ

これ以上のどん底はないのだから

しっかり薬物と手を切って
もう一度明るい日の当たる
人生をやり直してもらいたいものである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

日本の鍼灸治療とは?Ⅱ

2016年2月2日

日本の鍼灸治療は
中国や韓国の鍼灸治療に対して

どこがどう違うのか

何をもって日本の鍼灸治療というのか?

考えてみると

現代の日本には答えが見つからない

『黄帝内経』という
中国の2千年前の古書に

診察法も診断法も
陰陽、五行、気血水、経絡
証、治療法にいたるまで

全て書いてあるのだ

現代の日本の主な鍼灸の学術団体は
これらの古典の一部を研究している

日本のオリジナルの
鍼灸治療はなかなか見当たらない

ただ

腹部打鍼や管鍼法は
江戸時代に日本人が考えだした

オリジナルであり

管鍼法は中国の先生も
治療に取り入れるほど
優れた刺入法である

そう考えると

日本の鍼灸治療は
現代には無く
江戸時代に遡らなければならない

日本は戦後GHQによって
鍼灸治療が弾圧され

医療ではなく慰安になってしまった

だからそれ以前の
医療として医者が行っていた
江戸時代の鍼灸治療を

掘り返して
研究する必要があるのだ

日本の鍼灸治療は現代には無く

江戸時代にあると思うのである


現代中医学は日進月歩で
進化し、変わって行くが

それは鍼灸治療が病院で
医者が医療として行っているから


エビデンスのある医療として
認められ、進化してゆけるのだ

ならば

日本の鍼灸治療を考えた時に
同じように医者が医療として
病院で行っていた鍼灸治療は江戸時代

日本の風土に合わせた発展をして
日本独自の鍼灸治療が
有ったに違いないと思うのである

日本の鍼灸治療を知りたければ

江戸時代の漢方医に
求めなければならないのである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ