大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




偏頭痛に鍼灸治療は良く効く!

2015年10月16日

昨日のNHKの「ためしてガッテン」で

偏頭痛には症状が出る前に
薬を飲むことが勧められると共に

症状が出ていない時に
定期的に鍼灸治療に通うことを勧められていた





いつもはNHKの悪口ばかり言っているが

今日ばかりは

NHK!よう言ってくれた!

ありがとう!NHK!

NHKバンザイ !

しかし

テレビではほとんど触れられていなかったが

頭痛には緊張性頭痛と
偏頭痛と群発頭痛があり

それぞれ

治療法が違い

偏頭痛の人に緊張性頭痛の治療を施すと

症状を悪化させてしまうので

とても危険なのだ

テレビで鍼灸治療の良さを
アピールしてもらえるのは嬉しいが

鍼灸院にもいろいろある

診察をしない
脈を診ない
症状の説明をしない
マッサージがメイン

このような鍼灸治療院が
けっこう多いが

こんな治療院で頭痛の治療を
してもらうのは危険

とても注意が必要である

情けないことだが

これが鍼灸治療界の現実だ

個々のレベルアップが必要である




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓




中医学 ブログランキングへ

大椎穴

2015年10月15日

10月の10日、11日と地域の秋祭りで
太鼓台を担いだので
首の付け根の出っ張った骨が痛い


首の付け根の一番出っ張った骨は

第7頸椎でその形状から隆椎と呼ばれている

そして第7頸椎と第一胸椎の間に

大椎という穴があり

大椎は熱の出入りを調節する穴である


中医学では身体の背中の真ん中を

督脈という経脈が通っていて

督脈は特に熱の出入りを司る経絡で

その中でも大椎は手の3陽経とも連絡があり

全身の陽気の集まるところなので

熱がある時は大椎を冷やし

冷えがある時は温める穴である


その大椎穴のあたりが

タンコブのように赤く腫れあがって

熱くて痛いのだから

からだ全体がなんとなく火照って

だるく、のどが渇くような症状になるのも

中医学的には当然である


今朝は触って少し痛みがあるが
熱や腫れは治り

やっと回復して来たようなので
もう湿布の必要はなさそうだ

年をとると回復するのに時間がかかるが

無茶な事をして痛くなったのに
ちゃんと治してくれる我が躰さんに

感謝しなければならないと思うのである





最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓




中医学 ブログランキングへ

診察しない治療院にはご用心!

2015年10月14日

お祭りでお世話になっている方が

「腰が痛すぎて歩けない」と

当院へ来られた

聞くと

祭の10日前に重いものを持って
腰の調子が悪いと思いながら
畑仕事をしていて

腰がギクッとなり

時間も遅かったので
近くの遅くまで営業している
治療院へ行ったそうだ

そこはスポーツ選手のような
若い患者さんが多く
良くはやっているので

つい信用して行ってしまったが

腰が痛いと言うと
診察もしないでいきなり
ウオーターベットに乗せたそうだ

痛いとも言いだせずに我慢して
降りるときはやっとの思いだったそうだ

しかも

「ココが痛い」と言うポイントを

これでもかと指圧して

骨盤を矯正すると言って

腰を思い切り捻じられたそうだ

これ以上痛いと言うと
もっとひどいことをされると思い

「もう楽になりました」と言って

やっとの思いで解放してもらったそうだ

帰宅してから痛みは増し

痛み止めを服用しても
痛みが止まらずに朝を迎え

当院へ来院されたそうだ


診察すると

右の中殿筋が肉離れしていた

肉離れとは筋膜が裂けているのだ

筋膜が裂けてたところを

力いっぱい指圧されたことで

裂けめが広がり
筋肉が外へ出て来ている

ひどい状態だった

鍼灸治療とテーピングで

帰りには

なんとか腰が伸びて
まっすぐに歩けるようになった

その後毎日治療して

祭では一緒に太鼓台を担ぐことができた


最近は治療院も増えて来て

安くて長時間モムことが
仕事だと思っている治療家が多い

マッサージが好きで行く方は良いが

本当に痛みがあって
治療してもらいたいときには

初診なのに診察しない所へは
絶対に行かないようにしよう




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓



中医学 ブログランキングへ