大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




とりあえず治療に来て下さいよ

2015年10月19日

お祭りに行くと

「俺首が痛いんや」

「俺は膝が痛いんや」

「どこに行っても治らへん」

「何してもあかん」

「俺のは鍼でも何しても治らんねん」

こんな質問のような
相談のような事を言ってくる人が多い


もう治らないと諦めているのなら
全く無駄な会話である

質問や相談なら

答えを考えるが


治す気も無く諦めているのなら

あっちが痛い
こっちが痛いという話を聞かされても

別に面白くないので

ハッキリ言ってやめてほしい


話の内容から思うに

当院へ来られる患者さんは

もっと重症の人ばかりである

近くて保険がきいて安くて
気軽に行ける治療院で治らない

そこで諦める人は当院へは来ない


結局は本人の気持ち次第である

西洋医学でダメなら
東洋医学では治らないだろうか?

難しい疾患なので
近所の整骨院や整体院では
無理なのは分かり切っているので

インターネットで探して

吟味に吟味を重ねて
遠いところから当院へ通院してくる


当院の患者さんは

みなさん重症だが
治るための努力を惜しまない


毎日の診療で真面目に治そうとしている
人達ばかりと接しているので


治る気のない諦めた人の
話を聞くのは本当に疲れるのである


「とりあえず治療に来て下さいよ」と
作り笑顔で言うのが精いっぱいだった





最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓




中医学 ブログランキングへ

小児推拿

2015年10月18日

今日は朝から阿部に
NPO法人TCM小児推拿協会主催の
小児推拿の勉強会に参加して来た

ベビーマッサージとも
小児はりとも違う

子供の健康管理、発育増進に良い

日本では全く新しい健康法だ

もともとが中国の小児科のお医者さんが

子供には鍼灸治療はできないので
手で治療を始めたものだから

治療法という側面が強い

親が子供の健康管理をすることができるので

子育てに余裕が出来て

東洋医学にも興味を持ってもらえるので

東洋医学の普及にもつながり

とてもいいと思った

小児はり、ベビーマッサージに
小児推拿のエッセンスを融合すると

さらに素晴らしい

親子の愛情をはぐくみ
夜泣き、かん虫を抑え
病気に強い健康な子に育てる

病気で熱が出ても
小児推拿で熱を抑えることができる

新たな可能性を感じた勉強会であった

小児推拿

2015年10月17日

明日は阿倍野の勉強会に参加する

NPO法人TCM小児推拿協会という

小児推拿を普及しようとしている
グループの勉強会だ

当院ではベビーマッサージや
小児はりなどを奨励しているが

ベビーマッサージは
親と子の絆を育む

小児はりは
夜泣き、かん虫、イライラ
おねしょなどの症状を抑え
情緒を安定させ発育を助けるなど

それぞれ目的があるが

小児推拿は中国の明の時代の
お医者さんが

子供には鍼灸治療ができないので

手で刺激して治療するようになった

だから

小児推拿の目的は

治療なのだ

中国では筋性斜頸や小児麻痺なども

小児推拿で治療されているそうだ


明日の勉強会には

上海中医薬大学日本校の
卒業生の先生方がたくさん
参加されるそうなので

とても楽しみである





最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓




中医学 ブログランキングへ