大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

2018年4月18日
臨時休診のお知らせ
もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




樋田容疑者の足取りが楽しそう

2018年10月6日


富田林警察から逃げていた樋田淳也容疑者 が

山口県の道の駅で確保された事件で


樋田容疑者が刑務所から逃走してからの足取りが

徐々に分かってきているようだ


なんと、8月12日に逃走してから1週間後には

四国に上陸していたようなのだ

しかも、白いスポーツタイプの自転車に乗り

四国霊場88カ所巡り「お遍路さん」に

使われる笠をかぶっていたという


しかも


堂々と愛媛県庁を訪れ

自転車での町おこしを担当する部署で

「日本一周中」と書いたプレートをもらい

それに「お助けお願いします」と書き加えてリュックサックにつけ

香川や高知、広島、山口の各県を自転車で回ったようなのだ


一緒に行動していた男の説明では

この間に知り合った地元住民の自宅に泊めてもらったり

食事やテントを張る場所を提供してもらったりしたという


樋田容疑者が逃走して以来

藤井寺や松原では警察官が異常に多く

捕まる直前には私の自宅にまで警察官が聞きこみに来ていた

それぐらい手がかりが無かったのである


女装しているのではないか?

誰かにかくまわれているのではなか?

すでにどこかで自殺して死んでいるのではない?


いろんな憶測が飛んだが


女装もぜず頭を丸めて堂々と日の当たるところを

自転車で青春を謳歌しているとは

誰も想像もしていなかった


出会った人達もあれだけ堂々としていれば

誰も話題の樋田容疑者だとは思わなかっただろう


それにしても

樋田容疑者はいったい何のために逃走したのだろうか?

自転車で青春の思い出作りがしたかったのだろうか?

だとすれば

刑務所で罪を償ってからでも遅くはなかったのだ


いずれにしても

こういう犯罪者には猛省してもらいたい

ただ単に服役期間が長くなるだけではなく

これだけ世間を騒がせたのだから

江戸時代の百叩きの刑などが丁度いいと思う

(50回ぐらいで許してあげよう(笑))



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯富田林署
♯樋田容疑者

寝違いを肩こりと間違うと危険!

2018年10月5日


寝違いをマッサージして

悪化してしまう人が後をたたない


慢性的に肩こりの人が寝違いになりやすいく


慢性的に肩こりの人は

日常的に肩叩きやマッサージをしているので

肩こりではなく寝違いなのに

いつものように肩たたきやマッサージをしてしまうことがある


寝違いは首の関節の捻挫だったり

首の筋肉の肉離れだったりするので


叩いたり揉んだりすると傷口が開いてしまい

まったく首を動かすことができないほどの激痛に苦しむ


なぜこのような失敗が多発するのか?


よく聞かれるのが

「肩こりが痛くてしょうがないので診てほしい」


肩こりは首から肩の押さえつけられるような

重だるさや不快感のことで


痛みとは違う


肩こりと言う英語は無いのでアメリカでは

「肩こりとペインとは違うことが明らかだが

慢性的に肩こりを感じている人にとっては

肩こり痛いという変な日本語

平気で使ってしまうほどつらい症状が続いているのだろう


そんな変な日本語を使っている人が身近にいませんか?

もしかしてあなたが使っていたりして


肩コリはマッサージすると気持ちよくなるが

痛いものを揉むと痛みが増幅するので


揉まれて痛い時には揉まない習慣をつけてもらいたい


本当に寝違いの取り扱いには気をつけてもらいたいと思います。



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯寝違い
♯肩こり
♯マッサージ

熊本市議会さん、場外でやって下さい

2018年10月4日


熊本市議会でのど飴を舐めながら

質疑の壇上に上がった議員に

退席を命じたことで問題になっている


のどの調子が悪い時は誰でものど飴を舐める


だけど


仕事や公共の場で人と話す時には

ティッシュに出すか噛んで飲みこんでしまうだろう


普通は・・・


ところがこの退出させられた市議は

去年、赤ちゃんを抱いて議会に出たことで

その時にも退席させられている緒方夕佳さんだ


外国のメディアが

「飴をなめているだけで何も害のないのにナゼ?」

「のど飴を職場でなめることの是非」に留まらず

「エチケットやルール、上下関係の

融通が利かない社会を浮き彫りにした」と

日本社会をこっぴどく批判しているが


外国では一日中ガムを噛んだり松の実を食べたり

道端に平気で唾を吐くような国もあり

日本とはエチケットの基本が違う


古いとか融通が利かないとか

そういう次元の問題では無いように思う


私は保守的な人間なので

緒方夕佳さんのような人は生理的に受けつけない


議会と言う保守的な場でスタンドプレーをして

みんなから嫌われて追い出される


どこかで見たような?


一昨日、貴乃花部屋が同じような理由で消滅した


本人は古い体制に反抗しているつもりかもしれないが

結局、支援者や市民が置いてけぼりを食い

とても残念な結果になる


信念を持って何かを変えたい、何かを成し遂げたいと思うのなら

もっと合理的な戦法を考えて行動するべきではないだろうか?


物事は正面突破だけでは動かない

時には迂回したり情報収集して根回ししたり

一人一人と膝を付きあわせて話合い

根気強く戦わなければならない時もある


中途半端なスタンドプレーは

市民や支持者にとって迷惑なだけに思える


熊本市議会さんも彼女のスタンドプレーに振り回されずに

個人的ないざこざは場外でやってください。



★毎月第3土曜日【お灸教室】開催!詳しくはコチラをご覧ください


★ 最後までお付き合いありがとうございました おもしろかったらクリックしてください 

 ↓    ↓    ↓

   中医学 ブログランキングへ 

♯中医学
♯鍼灸治療
♯藤井寺
♯腰痛
♯膝痛
♯五十肩
♯熊本市議会
♯緒方夕佳