大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




二極化が進んでるの?

2015年11月13日

朝のテレビニュースで

ペットのメタボ基準が策定でき
これによって犬や猫の糖尿病や
腎臓病の予防や早期発見につながる

ある飼い主が出てきて

5年前に飼い犬が糖尿病になり

自分が軽はずみに
好きなものを与えていたから

愛犬が糖尿病になってしまった

本当に申し訳ない

涙ながらにこの子の面倒は一生
責任をもって見てゆきます

治療費に毎月3万5千円費やす飼い主


このニュースの後に


フードバンクというNPOの特集で

貧困家庭に食べ物を届ける
ボランティア団体の活動だった

お菓子や即席ラーメンなどの
製造過程で不良品となったものや

倒産品や家庭でいらなくなった食品を

貧困家庭に届ける活動だそうだが

その団体が食料を届ける対象となる
家庭におこなったアンケートでは

一日当たりの食費が350円だという

食事を一日に2回に減らしたり
することもあるので

子供が好きなお菓子を
食べさせてあげることができて

とても嬉しい、感謝している


ペットの医療費だけで3万5千円使う人

親子二人、一カ月10万円で生活する人

昨日から行政事業レビューが始まったが

庶民感覚からは到底理解できない
無駄がたくさんあるようだ

何億円もの大きな金額になると
想像がつかないが

税金だから誰の財布も痛まない
と言う感覚ではなく

一日350円で生活している人に

税金は無駄なく適正に使われていますよ


ちゃんと説明できるように
してもらいたいものである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

骨折に注意

2015年11月10日

朝のニュースで

冬場は骨折に注意と言っていた

骨折に季節が関係していたのを
知らなかったのは
専門家として恥ずかしいな

などと思いながら見た

二ユースによると

高齢者の骨折は10月〜3月に多い

冬場は紫外線量が減るので
ビタミンDの摂取量が減り

ビタミンDが不足すると
骨密度が減少する

だから冬場は骨がもろい

しかも77%が自宅で負傷しているそうだ

冬場はしっかり太陽にあたって

体がこわばって硬くならないように
ストレッチ体操などをして

転倒予防しなければいけない

ニュースではこの二つだったが
もう一つ注意してもらいたのが

起立性の低血圧によるふらつきだ


寝ている時は心臓と脳は同じ高さだが

立ち上がると心臓は重力に
逆らって脳に血液を届けなければならないが

高齢者になると心臓の
ポンプ作用が弱くなり

立ち上がってすぐには十分な血液が
脳に届かないので

一次的に脳が低血圧になり
フラフラするのだ

高齢者なら誰でもおこる普通のことなので
治療する必要はないが

転倒の危険があるので要注意である

予防としては

起立性の低血圧でフラフラするかもしれない
という予測をして起き上がることだ

急に立ち上がらずに
一度座ってフワフワしていないか確かめて

それから動くようにするように心がける

注意一秒、怪我一生というが
高齢者の骨折は命取りである

冬場は家の中での転倒にご注意あれ




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

膝の痛み

2015年11月9日

膝が痛くて困っている

朝起きる時に痛い
座っていて歩き出す時に痛い
冷えると痛い

時には水がたまって
整形外科で水を抜いたり
ヒアルロン酸注射をしてもらうが

もう自分の膝は治らない

こんなふうに諦めている人が多い

本当に治らないのだろうか?


痛みとは躰が不調を訴えているのである

膝の軟骨がチビている
骨が変形している、冷えている

だから

歩かないで、痩せて、冷やさないで

なのに躰の要求を無視して
好き放題の生活をして

自分の膝はもう治らない
などと言っている人が多いのだ

どんな最高の治療をしても

歩き過ぎる人や膝に悪い運動を
やめない人は治らない

これは当院の25年の臨床で
はっきりと断言できる

反対に治療に専念した人は
必ず良くなっている

一生やめろとは言っていない

治療している期間だけ
1ヶ月ほど安静にして
治療に専念すれば治るのだ

治する以上どんな仕事や楽しみよりも
治療を優先しなければ治らない

その事が理解できずに
諦めている人が多いのである

一生膝の痛みに苦しむことを考えれば

たったの一か月だけ
治療に専念することぐらい
簡単な事である

そうは言っても

あちこちの治療院へ行ってもダメだったのに
そんな簡単に治るわけがない

そう考えるだろう

しかし

あちこちのい治療院へ行ったかもしれないが

先生の治療計画の通りに通院したのか?
指導された事を実行したのか?
禁止された事を止めたのか?

全てやったのに治らなかった人は

当院でも治らないかもしれないが

それ以外の人は治せるのである

膝の痛みは鍼灸治療で治るので
諦めないで真剣に
治療してもらいたいものである



最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ