大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




古いから感動できる

2015年11月30日

昨日は小生の愛車の
トヨタイプサム14歳6ヶ月の
オイル交換をしてきた

新車から乗って
今でもエンジン快調だが

10年目頃から
アイドリング音が少し高くなり

特に冬場の寒い時に
エンジンをかけると
かなり大きな音がするようになっている

昨日の朝も気温が低く
アイドリング音が気になり
大阪トヨタに電話した

オイル交換が終わり
車に乗り込みエンジンスタート

静かや!エンジンかかってる?

感動するくらい静かになった

そういえば新車の頃は
いつもこのぐらい静かだった

オイル交換すると
こんなに違いが分かるのは
エンジンが古いからである

新車の頃はオイル交換しても
全く変化に気付くことは無かった

古いから感動できるのである
大事に手入れして乗れば
まだまだいつまでも乗れる

15年近く乗っていると
車にも道具と言うより
相棒の様な愛着がわいてくる

子育ての思い出など
我が家の15年間の記憶と共に
今も元気よく走ってくれている

いつまでも頑張ってくれたまえ

イプサム君




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

寒さに負けないツボあります

2015年11月29日

日増しに寒くなり
風邪でキャンセルされる
患者さんが多くなってきた

体温は筋肉で作られるので
体操をすると簡単に体温が上がる

だけど
一日中体操をしているわけにもいかない

体操で上がった体温は
すぐに下がってしまう

ならば
カイロなどで温めるのが
一番簡単で確実な保温法だ

どこにカイロをはれば
一番効果的なのか

足腰が冷える場合は

ヘソの下5センチのところに
関元というツボがある

関元は丹田といって
体の気が最も集まる場所であり
体の温煦作用は気が行っているので
関元を温めると効果的だ

首筋から背中が寒い時は
首の付け根の一番出っ張った骨のしたに
大椎と言うツボがある

人体では背中は陽にあたり
大椎は手と足の陽経の気が
全部集まる場所なので

寒い時には温める
熱い時には冷やすと効果的だ

寒い時には
関元と大椎にカイロをはると

首筋から足腰まで気血が巡り
効果的に全身を温められるのである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

原発停止しててもいいんじゃないの?

2015年11月27日

環境省は26日、2014年度の
国内の温室効果ガス排出量(速報値)が
前年度比3%減の13億6500万トンと
5年ぶりに減少したと発表した

東京電力福島第1原発事故後は
原発の停止と火力発電所の稼働で
排出量は増加していたが
初めて減少に転じた


省エネの取り組みや再生可能エネルギーの
拡大が主な要因という

国内の排出量は07年度をピークに、
08年のリーマン・ショック後の景気低迷で
大きく減った

09年度以降は景気回復と
火力発電の利用増で再び増え
原発の再稼働を求める声にもつながっていた

しかし、14年度は省エネによって
全体の発電量が3.1%減少。
加えて水力を除く再生エネの比率も
1ポイント上がって3.2%になり
火力発電による排出が抑えられた

部門別では▽家庭が5.9%減
▽非製造業のオフィスなどが4.9%減
▽運輸が3.4%減▽製造業など1%減
などとなった

以上が今朝のニュースの内容だ

東日本大震災の前までは
原発が無いと電力供給は出来ない

原発は安全でクリーンで安価
理想的な発電方法だと
誰もが信じていたが

事故で全ての原発が停止しても
日本全国津々浦々まで
全く問題なく 電力が供給されている

火力電力に頼っていると
燃料コストから電気代が上がったり

温室効果ガスの排出量が増えて
温暖化が進んでしまうのではないか?

という不安を誰もが抱いていたところに
今朝のニュースだ

原発が止まっていても温暖化ガスの
排出量は減少している

全く問題ないのである

誰が言ったか?
全くのデマを恐れていたのである

このまま再生エネルギーにシフトしていくのが
自然の流れではないだろうか

自然の流れに逆らうと
必ず大きな不幸が訪れる

シリアやイラクの問題でも
民族紛争や宗教対立に
世界中の無関係の国が軍事介入して

情勢は悪化の一途である

自然の流れに逆らって
良くなる事はないといういい例である

日本のエネルギー政策も
原発から再生エネルギーに
転換するのが自然の流れなので

国政を担っている人たちには
自然の流れに無理に
逆らってもらいたくないと思ったのである




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ