大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 




切れる高齢者が増えている?

2015年12月4日

今朝のワイドショーで
切れる高齢者が増えていると言っていた

高齢者と暴力とは
あまり結びつかないイメージだが

1995年から2015年にかけて
高齢者の数が2倍に増え
高齢者の暴力事件が45倍に増えた

人数の増加の割合に比べて
暴力事件の割合が突出して増えている

戦中、戦後生まれの方が
高齢化しているので

食料の無いときに生まれ育ったので
切れやすい世代なのだろうか?

以前、新幹線で灯油をかぶって
焼身自殺をした70代の男性は
下流老人だった

35年間真面目に働いて
税金も年金も人一倍収めて来て

老後、生活保護の人よりも
貧しい生活を強いられることへの
不満が原因だった

貧しい事は辛く、ひもじいだろう

何よりも

国に対して義務を果たしてきたのに
全く何もしてこなかった人よりも
貧しい生活を強いられることに

怒りを感じるのは当然だと思う

ワイドショーで言う「切れる老人」と
ひとくくりに出来ないのではないか?

高齢者の貧富の差が
大きくなっている現状に加えて  

少子高齢化が進み
膨大な社会保障費がのしかかり

社会構造的に高齢者にも
税金や保険料などの
負担をしてもらわないと
賄えない時代に

不公平感でイライラしている
高齢者が増えているのだろう

ワイドショーのコメンテーターのように
理性が欠乏した老人が急増している

などと言っている場合ではない

新聞では年金受給の低所得者に
一次給付金3万円を配るなどと
書いてあるが

子供手当やふる里創生金

「金がいるなら金をあげましょう」的な
小手先だけの政策ばかりやってきた

つけが回ってきているのだと
思わないのだろうか?

少子高齢化そのものを
食い止める抜本的な方策が

今、求められているのだと思うのである





最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓


中医学 ブログランキングへ

奇経治療

2015年12月3日

鍼灸治療は経絡の
気血水の流れを良くする事で
体の治癒力や免疫力を
維持、向上することを目的としている

経絡は体の縦にながれる経脈
横に流れる絡脈の総称である

経脈には正経12経脈と奇経8脈があり

普通は正経12経脈で治療するが

奇経8脈で治療した方が
治りやすい疾患には
奇経治療を使う

例えば

ヒステリー球と言われる「梅核気」
これはストレスで肝気が鬱滞して
ノドに梅干しの種が引っかかって
出すことも飲み込むこともできない状態

通常は正経12経脈から
太衝、太白、天突、膻中、肝兪、などの
たくさんのツボを使うが

奇経では

小海と列缺の二つのツボで治療できる

奇経治療を勉強すると

とても少数のツボで同じ効果が得られるので

鍼に対する反応が強い人には
とても安全で有効な治療法である




最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓



中医学 ブログランキングへ

12月は今年の総括と来年の目標!

2015年12月2日

毎年12月には来年の自分に
手紙を書くことにしている

何かの雑誌で渡辺謙さんが
若いころからそうしている話を読んで

ハリウッドスターの
いう事は真似しなければと
5年前から始めている

今から去年の手紙を読んで
来年の自分への手紙を
書こうと思っているが


中年以降、何かと衰えを感じ

忙しい日々の生活の中で
ついつい流されてしまい
時間だけが経過してしまうが

いくつになっても自分に成長している
実感が欲しいものである


毎年12月に去年の手紙を読み
目標や計画が実行できたかを総括しする

毎年あれこれと多くの計画や
目標を書いているが

そのうちの1つか2つしか実現していない

毎年、毎年、
今年こそは「やるぞ!」
と書いてあるもの沢山ある

それでも毎年1つか2つは実現し
5年前に目標としていたことや
計画していた事の半分以上は
実現している

少しづつでも前進し
成長している実感を持てるものである

1年たつと去年何を書いたか
ハッキリとは覚えていないものである

さて、今年はどれぐらい
やれたのだろうか?





最後までお付き合いありがとうございました
おもしろかったらクリックしてください

 ↓    ↓    ↓



中医学 ブログランキングへ