大阪府藤井寺市の梶村鍼灸整骨院は、柏原、羽曳野、松原、富田林、八尾、の近隣地域や、他府県から患者さんが来院する中医学と漢方で「難病を治す」鍼灸整骨院です。

ホームに戻ります。

〒583-0027 大阪府藤井寺市岡2-4-1

お問い合わせ・ご予約は

072-939-9199

お知らせ   藤井寺梶村鍼灸整骨院

もっと見る

院長経歴   藤井寺梶村鍼灸整

大阪鍼灸専門学校 卒業
(現、森ノ宮医療学園専門学校)
卒業時 大阪府知事賞受賞
行岡柔道整復専門学校 卒業
上海中医薬大学日本校
国際中医学科 卒業
国際中医師資格取得
(国際中医師とは)
もっと見る

メディア掲載 藤井寺梶村鍼灸

書籍に掲載されております。
当院院長が、
「腰痛解消!神の手を持つ16人」
に紹介されております。
発行 現代書林
  腰痛解消!「神の手」を持つ16人
以下の書籍に研究論文が掲載されました。
鍼灸マッサージ師会が発行する「大鍼師会ジャーナル7月号」に「心に残る症例」というテーマで院長のコラムが掲載されました。
 



@kajimuraharikyu


中国鍼と日本鍼はどう違う?

2015年3月27日

国際中医師による
中国5千年の伝統医術によって
慢性病や難病を治療する

とホームページに書いてあるので

おたくは中国鍼ですか?

電話でよく問い合わせがある


「中国鍼」とは何なのだろうか?

国際中医師でありながら

世間一般的な「中国鍼」の言葉の
意味が良く分からない事に気付いた


そこで

「中国鍼」という言葉の
意味を考えてみることにした

すると興味深い事が分かった

重要なことは3つである

①治療方針
②使用する鍼
③治療の手技

①の治療方針については
中国5千年の臨床データの
統計学である中医学を基に治療する

②使用する鍼が中国製

③中国の手技は鍼をツボに刺し
上下に動かしたり左右に回転させて
ズーンとかズキーとくる
「得気」や「響き」というものを重要視する

これが中国鍼の言葉の3要素である


当院では
①は完全に当てはまる
②は完全に当てはまらない
③は患者さんのニーズによって使い分ける

①については鍼灸治療がマッサージ等の
代替医療や対症療法ではなく
根本的に治療することの出来る中医学を
治療の基本としている

②漢や宋の時代なら中国製のほうが
優れていたが
現在の鍼を作る技術は
日本製が世界最高であるので
当院ではメイドインジャパンの鍼を使う

③中国人は農耕民族なので
体もゴツく皮膚が粗いので
太い鍼で強い刺激を好む

日本人でもそのような治療を
過去に受けていてそういう
治療を希望する方には
得気や響きを与える手技を使う

しかし

現代の日本人はデスクワークや
ストレス、虚弱体質の人が多く

強い刺激は逆効果の場合が殆どなので

通常は極細鍼で痛くない治療で
気血の疏通を図り虚を補うのである

よって

当院では中国鍼の3要素のうち

2つは当てはまる

小生個人的には中国鍼という
言葉はあまり好まないが


中国鍼か?と訊かれたら

鍼は中国製ではないが

中医学に基づいた鍼灸治療で

「得気」や「響き」が好きな人には
その様な手技も出来る

と答えていいのではないだろうか?


prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 next